--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-03-03

「史上初」表現は慎重に

ヨネックス社から3月下旬に新しいストリングが発売されるという。

V-ACCEL.jpg

※ヨネックス社のニュースリリースはこちら
http://www.yonex.co.jp/soft_tennis/news/2016/02/1602101600.html


「V-ACCEL(V-アクセル)」というこのストリングは、断面に5つの穴が空いていて、そのことによって、打球時にストリングが変形し、それがすばやく復元することで高い反発力を生み出すらしい。

V-ACCEL-2.jpg

同社のニュースリリースによれば、この「ストリングの断面に穴が空いている」構造、つまりストリングの「中空構造」は「ソフトテニスのストリング史上初」とのことなのだが、これはある意味間違いである。


というのは、中空構造をもったストリングというのは、少なくとも1970年代には存在していたからだ。

GOSEN197903-1.jpg

これは『軟式テニス(現『ソフトテニス・マガジン』)』の1979(昭和54)年3月号に掲載されていたゴーセン社の広告である。

GOSEN197903-2.jpg

ストリングの構造を拡大した上記の図によると、芯の部分が空洞、つまりストロー状になっていて、その中に特殊油が注入されているという。


ただ、この「特殊油」は、反発を生み出すためのものかと思いきや、広告をよく読むと「この油がガット表面に粘着し、油まくがガットを外気(乾燥・湿気)から守り、ガットコンディションを完全キープ」とある。中空部分に注入された油がどのようにしてガットの表面まで浸透していくのか、そのしくみ自体は謎のままである。


ヨネックス社の「V-ACCEL」に話を戻すと、おそらく「5つの」穴が空いているという構造はソフトテニス史上初なのだろうと思うが、中空構造そのものは、上記の通り40年近く前にはすでに存在していたものである。


昔のことを知らない若い技術者が開発したのかもしれないが、どんな分野においても「史上初」という表現を使う場合には、慎重さが求められる。


もっとも、「このゴーセンのストリングは、軟式庭球時代のものであって、競技名称がソフトテニスになってからは、これが史上初なのである」という屁理屈を言いたいのかもしれないが(笑)

2016-02-22

東京インドア雑感2016(上)

少し時間が経ってしまったが、1/24に観戦したルーセントカップ東京インドアについて、今年もコメントしてみたいと思う。


今回は、男子の篠原・小林ペアが8連覇という自己最高記録を塗り替えられるか、というのが最も注目されるポイントであったかと思う。


それとは別に、今回少し驚いたのは、男女とも東京都のチャンピオンが出場していたということだ。


小生、この大会の観戦歴はそこそこあるのだが、以前は東京都のチャンピオンが出場し、全日本クラスの選手を迎え撃つという図式があったと記憶している。


その後、東京都チャンピオンがまったく歯が立たないということがあったのか、出場選手はすべて全日本クラスから選抜されるようになってしまった。


そんな中での久しぶりの東京都チャンピオン出場である。
東京都チャンピオンというのは、具体的には以下のペアであった。

<男子>
 高橋拓未・秋元祐介ペア(東京ガス)

<女子>
 柿崎あやの・神谷絵梨奈ペア(ヨネックス)


女子の柿崎・神谷ペアは、ナショナルチームのメンバーであり、プログラムの戦績欄には「東京都選手権大会 優勝」としか書かれていなかったが、えっ、それだけ? と言いたくなるくらいである。


対して男子の高橋・秋元ペアは、二人とも東京出身ということもあって、そこそこ有名なのだが、全国的には残念ながら無名に近いかもしれないというペアであった。


試合の詳細についてのレポートはあえて割愛するとして、結論から言うと、今回は男女ともこの東京都チャンピオンが優勝してしまったのである。


女子の柿崎・神谷ペアは、予選リーグを全勝で抜けてそのまま優勝したので、スコア的には完勝に近かった。それに対して男子の高橋・秋元ペアは、予選リーグの初戦で、大会8連覇中の篠原・小林ペアに0で敗退、あーあという印象だったのだが、その後の船水・久島戦、桂・塩嵜戦をいずれも4-2で振り切り、決勝トーナメント進出を決めると、準決勝では水澤・長江を5-4で、決勝では再び対戦した篠原・小林を5-2で下して優勝してしまったのだった。


個人的には篠原・小林というペアのプレースタイルは好きだし、また連覇の記録が更新されることにも期待があったので、それはそれで残念なものを感じたのだが、その一方で、東京都チャンピオンが全日本クラスの選手を撃破して優勝したということに対しても、純粋に嬉しく思ったのだった。


というわけで、高橋・秋元ペアの優勝を喜ぶ人間の一人であったことは間違いないのだが、そのプレースタイルが好きかどうかというのは、まったく別の問題である。


高橋選手という後衛は、ガッツの塊のような選手であり、ポイントのたびに雄叫びを上げ、場合によってはコートを走り回るという点で、東京都ではファンも多いらしい。


また、最近の社会人選手の中にあっては極めて“少数派”になっていると信じたいのだが、シャツの裾を短パンの中に入れる、いわゆる「シャツイン」している選手である。


このように、元気があって、シャツインしている選手というのは、中学や高校の指導者が最も好むタイプであろう。
当日も、例年通り、背中に学校名がプリントされたウォームアップを着た中高生が多く来場していたが、引率していた顧問の先生たちが、「あの高橋選手を見習え!」的なことを生徒に言っていたことは想像に難くない。


そりゃそうだろうよ、と思う。


自分たちが普段から口を酸っぱくして言い続けていることを、身をもって体現してくれている数少ない選手なのだから。


しかし、小生に言わせると、高橋選手の「雄叫び」と「シャツイン」は、ソフトテニスの“恥部”とも言うべき、最もよくない部分である。


まずは「雄叫び」。


ソフトテニス競技規則には次のような規定がある。

=====================================
第15条 プレーヤーは互いにマナーを尊重し、次の事項を守らなければならない。
(1)過度のかけ声、又は相手を不快にする発生をしないこと。
=====================================

=====================================
第41条 第15条、第38条及び第40条に明らかに違反したと認められる場合、正審は
プレーヤーに対し、警告(イエローカード)を与える。
=====================================


つまり、雄叫びは第15条に抵触する可能性が十分あり、それは第41条で警告の対象になっているのである。
そのようなプレーを、中高生のお手本にするなどもってのほか、ということだ。


次に「シャツイン」。


なぜ中学・高校の顧問は、あれほど執拗に、シャツの裾をパンツの中に入れさせようとするのだろうか。


短パンが短かった時代、つまりコナーズやマッケンローの時代とは異なり、ハーフパンツが主流の現代においては、シャツはパンツに入れないほうがはるかに見た目のバランスがいいし、本人も動きやすいはずだ。


また次回以降で触れたいと思うが、今回ルーセントが用意したウェアは、ただでさえ奇抜なデザインだったのに、それをシャツインするとさらにヘンテコリンに見えるものだったのだ。


もちろん、インしたい人、たとえば松岡修造氏などは勝手にインすればいいのであるが(笑)、そんなことは指導の現場で強要するようなことではないのである。


以上のことから、この高橋選手は、ソフトテニスの最もよくない部分を思い切り前面に出している選手の代表であると言わざるをえない。


小生としては、この高橋選手のプレーそのものについては、敬服する部分がたくさんあるのだが、プレー以外の部分にまったくもって共感できないのが残念である。

2016-02-07

選手の成功(失敗)確率に基づいた指導

2014年の全日本中学選手権男子個人戦の部で、東京の清明学園中ペアが優勝したというのは、新鮮な驚きであった。


小生、東京都大田区で生まれ育ち、公立中学進学後に軟式テニスを始めたのだが、当時から清明学園という学校が近くにあることは知っていた。私立の中高一貫校ではなく、小中一貫校というなかなか珍しい学校で、近所の金持ちのお坊ちゃんが通っていたという印象がある。


紺のブレザーに紺のネクタイというその制服は、小生が通った公立中学のそれと同じだったのだが、われわれがスニーカーを履いていたのに対し、清明学園のレギュレーションは革靴だったらしく、それが決定的な違いだったのだ。(中学の場合、私立と公立の違いは、たいていこの“靴”で判別できるのだ 笑)


当時、この清明学園には軟式テニス部はなかったのだろうと思う。少なくとも大田区の中学大会に出ていたという記憶は全くない。


その清明学園で、生徒を全中優勝に導いた高橋先生という先生の指導法、というか、考え方を、ソフトテニスオンラインのブログで知ることができた。

http://st-on.blog.jp/archives/52237751.html


一言で言うと、選手のプレーの成功確率、あるいは失敗確率を数字で示してあげる、というものである。


試合で勝ちさえすれば反省すべきポイントがないかというと、決してそんなことはないわけで、ここはよかったけど、ここは弱いよね、といったことを数値で示すことは極めて大切だろうと思う。


ただ、その計算方法、というか、数値の単位が少し違うんじゃないの?と思ったため、今回取り上げてみる次第である。


高橋先生は、その選手のレシーブミスの本数を数えた上で、レシーブゲームの数でそれを除し、得られた数字を%にして選手に提示しているとのこと。


また、ミスだけでなくポイントについても、その選手のポイント数をゲーム数で除し、その数値(%)を「ポイント獲得率」として生徒に提示しているのだった。


以下が、それに関する記述である。

================================

レシーブミス率 57% ( レシーブミスの本数 ÷ レシーブのゲーム数 )

 ⇒最近は、レシーブミスの本数を総レシーブゲーム数で割り生徒に提示するようにしています。

今回の彼のレシーブミスは57%。
レシーブゲーム数は、7G。
7G中、レシーブミス4本です。(4÷7G=57%)

ですから、レシーブゲーム2Gに1本のレシーブミスをしています。

しかし、彼の「ポイント獲得率」をみると、121%。
(14G行って17ポイントを獲得しています。その獲得率も算出。
17÷14G= 121%、です。

================================



レシーブミスの本数をレシーブゲームの数で除した数字、すなわち上記の例で言うと、

 4÷7=0.5714・・・

という数字は、何を示すかというと、言うまでもなく1ゲームあたりの、平均レシーブミス“本数”である。


したがって、その単位は「本」であって「%」ではない。


もし、レシーブミスがどのくらいの割合で発生するか、その確率(%)を求めたいのであれば、分母はゲーム数ではなく、総レシーブ数である必要があり、上記の生徒の場合、たとえば7ゲームで計25本のレシーブをしていたとしたら、

 4÷25=0.106

すなわち、この生徒のレシーブミスの確率は10.6%ということになる。


高橋先生の方法では、この選手のレシーブミスの確率は57%とされているが、これだとまるで2本に1本以上ミスをするという、ひどい印象を与えるのではないか。


得点についても同様で、14ゲーム行って17ポイント取ったのであれば、

 17÷14=1.2142・・・

という数字は、1ゲームあたりの獲得ポイント数であり、121%という確率を示すものではない。


また、レシーブの場合、ファイナルゲームはサービスゲームでもレシーブゲームでもないが、ファイナルゲームについてはミスをカウントしないのだろうか。


言うまでもなく、仮にも学校の先生が行っている指導なので、こんなことは釈迦に説法もいいところであり、高橋先生はそういうことをわかった上で、あえて生徒にインパクトを残しやすい数値を提示しているのだと信じたいが、上記で小生が指摘したような点について、揚げ足をとろうとする小生意気な中学生というのはいつの時代にもいるものである。


そういう中学生にも理路整然と説明できるよう、こうした数値による指導には、穴のないロジックを求めたいところである。

2016-01-17

ラケットバッグの変遷

テニスプレーヤーにとってのラケットは、武士にとっての刀と同じで非常に大切なものなのだが、全長約70㎝のそれを持ち運ぶのは、実はけっこう大変である。
しかし、ラケットを持ち運ばないわけにはいかない。また、ラケット以外にも持ち運ばなければならないものはたくさんある。


どうせ持ち運ぶのなら、できるだけ楽に、しかもおしゃれな方法を選びたいものである。


というわけで、今回はラケットを持ち運ぶ際のバッグ類について振り返ってみたいと思う。


バッグの話の前に、ラケットを直接に包み込む(?)ラケットカバー、ラケットケースの類を眺めておきたい。

ラケットカバー

小生が中学でテニスを始めたころは、このようにラケットのフェイスの部分だけを覆うためのラケットカバーが一般的であった。

グリップカバー

ラケットカバーだけだと、必然的にラケットのシャフト部分とグリップ部分がむき出しになるため、人によっては(オバさんが多いが)、このような毛糸で編んだグリップカバーを使っているケースもあった。

ラケットフルケース

その後、いつの頃からか、上のようなフルケースが一般的になった。
このフルケースは、ラケットを段ボールに大量に入れて輸送する際のクッション材を兼ねているのだということを、後から聞いた。

巾着型フルケース

現在では、ラケットを買うと付いてくるケースはこのようなかたちが多い。後で述べるソフトケースよりはゴワゴワしたナイロン素材で作られているが、肩にかけるためのヒモやポケットなどもついており、中学生の部活などにはわりと便利かもしれない。


以上のような、ラケットケースの形状の変化もふまえた上で、ラケットバッグの変遷を見ていくことにする。

マジソンバッグ

小生が中学生の頃、セカンドバッグとして、この通称「マジソンバッグ」が爆発的に流行していた。
多くのテニス部員が、このバッグからラケットのグリップをニョキッと露出させた状態で持ち運んでいたのだ。

ラケットバッグ小判型

前述のようなマジソンバッグはかなり邪道だったとして、当時あった正統派のラケットバッグはこのようないわば“小判型”をしていた。
小生は学生時代に、これとほぼ同じかたちのラケットバッグ(おそらくカワサキ製)を持っていたのだが、それはパステルピンクのエナメルバッグで、なんとスヌーピーのイラストが描かれていたのだった。今思えばかなり気持ち悪い趣味である。


この“小判型”バッグは、ショルダーストラップがついているわけでもなく、持ち運びは決して楽とは言えなかった記憶がある。

ラケットケース2~3本用

学生時代の終わりごろから社会人の前半ごろに、ラケットが2~3本入るケースが登場してきた。
上の写真は、日本初の軟式テニス専門店、スポーツナロのオリジナルラケットケースであるが、ショルダーストラップもついており、非常に使いやすいものであった。
また、これをキルティング素材で自作する女の子も多かったという記憶もある。

ラケットバッグ6本用

1990年ごろだっただろうか。このようなラケットバッグが徐々に普及してきた。
これは硬式界から先に登場したのではないかと思うが、現在のラケットバッグと基本的な構造は同じである。ただ、現在のものよりは全体的に小さく、ラケットもせいぜい5~6本程度しか入らなかったのではないかと思う。


しかし、このバッグのインパクトは大きかった。
ラケット以外に着替えなどが入るという点では、小判型も同じであるが、シューズを収納するポケットまで用意されているのは新鮮な驚きであった。


当時、軟式をやめて硬式にきっぱりと軸足を移した小生は、このかたちのバッグを購入し愛用していたのだが、ある日このバッグを持って居酒屋に入ったところ、店の主人から「楽器が入ってるんですか?」と真顔で聞かれた経験がある。

ラケットバッグ12本用

このラケットバッグは、その後容量の大きなものが登場し、現在はラケットが12本入るという幅の広いものが珍しくなくなり、形もかなり丸みを帯びてきた。


また、両肩でリュックのように背負えるよう、2本のショルダーストラップがついているものが多くなってきた。

ラケットバッグショルダー型

一方、このようなバッグの大型化とは逆に、フリース素材の細長い巾着袋のようなソフトケースが登場してきた。電車の中などでよく見かけるが、サークルの学生たちを中心に愛用されているようである。

ソフトケース

このソフトケースは、ラケット1~2本しか入らない。したがってラケット以外の荷物は別なバッグに入れて持ち運ばなければならないという不便さはあるが、見た目にはわりとおしゃれな感じがするのは気のせいだろうか。


以上、ラケットバッグの変遷を眺めてきた。


上記でラケットバッグが大型化し、リュックのように背負えるものが多くなってきたという話をしたが、シニアのプレーヤーはこのバッグを背負わないほうがいいと思う。


なぜなら、決して美しくないからである。


これを背負っている姿が美しいとか可愛いといえるのは、せいぜい若い女の子くらいであり、ベンチコートを着て、帽子から白髪がはみ出したようなシニア層は、“たきぎ”を取りに出かけるおじいさんのように見られてしまう可能性大なので、このバッグを持つにしても手に持ったほうがはるかに清々しいと思う。

リュック型バッグ

これまであえて触れてこなかったが、昔から上のようなリュック型バッグというのもある。
これは、特に自転車で移動するときなどはかなり便利だと思うのだが、最近残念なのは、前述のソフトケースに入れたラケットを、このリュックから露出させている輩の存在である。


これもやはり美しくないのである。リュック型バッグから露出させていいのは、やはりグリップそのものであろう。


以上、ラケットバッグの変遷を眺めてきたが、カッコよさとかおしゃれさという点では、どれもいまいちな気がしてしかたがない。


最も愛着を感じられたのは、2~3本入るラケットケースかもしれない。
コンパクトで見た目にもカッコよく、前述の通り自作する女の子も多かったことから、当時の人気がうかがえる。


あとは、テニスとはまったく関係のないバッグを使うのもありかと思う。


たとえば、下の写真のように、トートバッグに無造作にラケットを突っ込んで持ち歩くほうが、はるかにさりげなくおしゃれな感じがするのだが、いかがだろうか。

トートバッグ

2016-01-10

世紀の異種格闘技から考える「攻撃されにくいボール」

試合か練習かに関わらず、こんなボールを見かけることがある。


“こんなボール”というのは、ネットに比較的近い地点に落下しながら、しかしスライス回転ではなく、どちらかというとドライブ回転がかかっているため、コート面を滑るように弾んでいくボールである。


このようなボールを打たれた場合、ジュニアやママさんなど、脚力があまりない選手は、ほとんどノータッチになってしまうと思う。脚力のある選手であればボールには追いつけるかもしれないが、相手コートに返すのが精一杯で、少なくとも攻撃はできないのではないかと思う。


しかも、このようなボールは、「本人が意図して打ったわけではない」ケースもかなり多いので余計に厄介なのだ。


「車いすテニス」という競技がある。現在は硬式のみで行われており、基本的なルールは健常者のそれと変わらないのだが、ツーバウンドまでOKというのが最大の違いである。


しかし、これは反発力の高い硬式テニスのボールだからできることである。


ソフトテニスのボールの性質を考えると、仮に「ツーバウンドまでOK」としたとしても、カットのボールをはじめ返せないボールがたくさんあると思う。では「スリーバウンドまでOK」とすればよいかというと、ソフトテニスのボールは、スリーバウンドする頃にはほとんど弾んでいないはずで、残念ながらソフトテニス版の車いすテニスを競技として実施することは難しいだろう。


・・・話がやや脱線したが、このように相手から攻撃されにくい、短くて低いボールを打ち続けることができたら、かなり有利にゲームを運ぶことができるのではないか、ということを考えることがある。


こういうことを考えるとき、必ず目に浮かぶ光景がある。それは1976年に行われた異種格闘技、アントニオ猪木×モハメド・アリの対戦だ。


ボクシングのヘビー級チャンピオンのモハメド・アリに、プロレスのアントニオ猪木がどう挑むのか、日本中が注目した世紀の一戦は、予想に反する情けないものだった。


というのは、ゴング直後から、猪木はいきなり寝転がったのだった。
この体勢では、アリはパンチを繰り出すことができない。その間に猪木はアリの脚に執拗にキックを加えていった。

猪木×アリ


この試合、特に進展もないまま引き分けに終わり、観客からは大ブーイングが浴びせられたのだが、そんなことはこの際どうでもいい。


この猪木がとった作戦、つまり相手から攻撃されない体勢と同様、短くて低いボールというのがもっと見直されてもいいのではないか。


前述の通り、本人の意図に反して、こういうボールがいってしまうケースも多いわけだが、もしこれを意図的に打てるようになったら、かなり有効なのではないかと思う。


小生が属するシニアの世界は、年齢が上になればなるほど、短いボールが有効になってくる。
小生、硬式の経験が長いため、スライス系のドロップショットはかなり得意なのだが、上記のドライブ系の短いボールも、今後の武器として取り入れていきたいと思っている。

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。