--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-21

バックハンドストロークとは自衛隊なのか?

先日ママさんと練習したときのこと。
1人のママさんの娘さんが練習に参加してくれました。
娘さんは中1。ぼくが卒業した中学の後輩にあたります。


ストレートで乱打をしてみたところ、フォアはロブ中心ですがそこそこ打てます。が、バックはまったくといっていいほど打てないのでした。
聞いてみると、バックの打ち方は教わっておらず、すべてフォアに回り込むように指導されているとのことでした。


最初はそれでもいいのかもしれませんが、中1といってももう12月です。下手でもいいから打ち方くらいは教えておかないといけないタイミングではないかと思うのですが。


ママさんやジュニアを教えていて、ぼくはこの「バックハンドストローク」という技術をどのように考えたらいいのか、いまだによくわかりません。
最初からフォアと一緒に教えるべきなのか、フォアがある程度打てるまでは教えなくてもいいものなのか、教えたとしても極力使わないように指導すべきなのか・・・


バックがフォアと同じように打てればそれに越したことはありません。しかし一般的には、バックはフォアより苦手だという人のほうが圧倒的に多いはずです。だから、バックの練習はそれなりにするけども、試合ではなるべくそれを使わないように指導されるわけです。


身につけておいたほうがいいが、なるべく使わないほうがよいもの。それってたとえていえば自衛隊のようなものということでしょうかね(笑)
自衛隊がたとえとして不適切だとしたら、クルマのエアバックとか、災害時の非常用食品とか、そういうことでしょうか。


かつては前衛のレシーブに限ってはバックで打つことが推奨されていたように思います。言うまでもなくセンターにオープンスペースを作らないようにするためですが、それも最近ではどうなのでしょうか。少しくらいオープンスペースができても、得意なフォアで打つほうが有利という考え方で指導が行われているようにも思えます。


韓国式バックという打ち方がありますが、あれはフォアに匹敵するくらいの攻撃力を追求したものです。そもそもバックでフォアと同じように打てるなら、わざわざ回り込むこともないわけです。


「身につけておいたほうがよいが、なるべく使わないほうがよいもの」である限りは、いまいち練習にも身が入らないのではないでしょうか。
韓国式バックではないですが、指導現場発でもう少しバックという技術の重要性を考え、訴えていかないといけないのではないかと思うのですがいかがでしょうか。


みなさんのご意見をお聞かせください。

コメント

 100本めおめでとうございます。
これからも冬のアナタさんらしいするどい視点で、テニスやいろいろなことをばっさばっさときって(?)ください。楽しみにしています。
 バックハンドストロークですが、必要だと思いますし、フォアと同じように時間と打つ回数をかけて練習すれば、それなりに打てるようになるのでは・・と思います。
利き手側ではないので、多少打ちにくいということがあるのかもしれませんが。
 きっと、とにかくボールが打てる、続くようにしようとした結果、両方一度にではなく、「フォアから先に」になったんだと思います。
 次にバックも同じくらい時間、打つ回数をかければいいのだと思いますが、なかなかそれが行いきれないのかもしれません・・・。
 バックのほうが、利き手側でないので打点のバリエーションが少ない分、一度覚えてしまうと忘れないと思うのですけどね・・・。

ジュニアから中学生まで、出来るだけフォアに回り込ませ、打たせるのは
走力で勝つためです。
 また、心理的に積極性を維持させる方法として、この回り込ませを練習します。
 結果としてつなぐためですが、それだけではない、と言うことです。
 バックストロークの腕の動きは、日常性が少ない動きです。普通はその方向に筋肉が発達していません。
 ですから難しいとも言えるし、マスターすれば、かなり有利とも言えます。
 ジュニアや中学生は、全力でバックが打てれば、それはそれで武器になりますが、つなぐだけのバックでしたら、その瞬間、気持ちが退くような気がします。
 それより思い切り走り、回り込んでフォアで打てば、攻撃にもなるし、気持ちが退くことはありません。
 そのような理由で、フォアへの回り込みを指導しています。
 特に中学生は走力が一番伸びる時
です。どんどん走らせたい。
 (高校生は筋力が伸びる時、ですが当然ながら個人差あり)
 ご参考まで。 

ぴーさん、アゴイ!さん、ありがとうございました。
>ぴーさん
「バックのほうが、利き手側でないので打点のバリエーションが少ない分、一度覚えてしまうと忘れない」というのはよく言われることですね。フォアはどんな打点でも手先でごまかせてしまうので、逆に安定しないし身につかないのでしょう。
>アゴイ!さん
走らせるのは本当に大事なことだと思います。できる限りフォアで回り込んで攻撃的なボールを打ち続けるのがソフトテニスの真髄だと思っています。
でも、どうしても回り込めないボールの場合にはどうしたらよいのでしょうか。バックがまったく打てないのは論外としても、つなぐだけの技量しか持っていなくてよいのでしょうか。それで気持ちが退くことにはならないでしょうか。
ぼくはそこのところがどうしてもよくわかりません。やはりバックの技量をフォアに少しでも近づけることが求められるような気がしてなりません。
バックハンドストロークの際の手の動きは、たしかに日常生活の中には少ない動きです。でも硬式のシングルバックハンドに比べればまだ合理的なのではないでしょうか。
硬式のシングルバックハンドはどちらかというと手の甲でボールを打つという動きです。こういう動かし方をするのは往復ビンタのときくらいです(笑)。
これに対してソフトテニスのバックハンドは、「ふすまを開けるときの動かし方」に近いのでママさんたちにはそのように伝えています。
ぼくの大学の大先輩に、バックのほうが得意で基本的にはすべてバックに回り込むという人がいたのですが、この先輩の話はまたの機会に書きたいと思います。

 「ふすまを開ける時の動作」、ありがとうございます。いい例えですね、使わせていただきます(笑)。
 ジュニアから中学生まで、と私が書いているように、段階があると思います。
 定まらないバックストロークを多用するよりも、もっと走ってフォアで打つ、と言うことです。
 ジュニア、中学生とか、ビギナーでも
試合というものを成り立たせ、おもしろさを感じでもらうために、少し打てるようになったら、フォアへの回り込みを出来るだけするということです。
 バックは出来なくてよいということではもちろんありません。
 
 右利きの後衛が左側ストレートで打ち合う時、バックで打つと、相手前衛には球筋や打点が見えにくくなります。極端に言うと、前衛は一瞬ボールを見失います。
 そこに攻撃のチャンスが生まれます。ただこれはかなりレベルが高い状態です。
 器用なジュニアならバックをどんどん打たせたが良いのでしょうが、そこまで行かないレベルであれば、回り込みをと言うわけです。
 また、これは身体の成長発達過程にもいいと思います。
 仮にバックがきれいに打て、威力もあるとするジュニアがいるとすると、その子は腕の故障をしてしまう可能性もあるでしょう。
 成長発達している状態の時、巧緻性があると言って、どんどん打たせるのは危険と裏表の関係ではないでしょうか。
  走力は平均して小学5,6年生ごろから伸びます。筋力は第2次性徴がほぼ終了する15歳以上でしょうから、
バックが完成(攻撃出来る状態)するのは、高校生になってからでも十分ではないでしょうか。
 あくまで個人差があることです。ご参考まで。失礼しました。

 どんなにバックハンドが上手い選手でも、フォアハンドの方が攻撃力はあると思います。
 それゆえに、試合では、回り込めるものについては回り込むという指導は、中学に限らず、全ての選手に共通ではないかと思います。
 それは、たとえ韓国バックを装備している韓国選手であっても。
 その上で、バックハンドストロークを打たざるを得ない場面を、みんなで考え、練習することが大事なんじゃないかと思います。
 例えば、こんな場面は、試合においては頻繁に起こります。
① 順クロス展開でストレートにロビングを打たれたとき
② 順クロスでのサービス時にセンターを狙われたとき
③ 逆クロスでのサービス時に逆クロスいっぱいを狙われたとき(特に、やや浅めのボールは回り込めない!)
④ 逆クロス展開で逆クロスいっぱいを狙われたとき(③と同様!)
 もっと他にもあると思いますが、この4つの場面なんかは、セオリーといわれるくらいよく狙われるコースだと思います。
 こういうバックを打たざるを得ない場面を想定して、そこを重点的に練習することが大事だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/97-d21b5920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。