--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-09

♪ごぶさたしてしまいました・・・

またまたごぶさたしてしまいました。
最後の更新が10/19。天皇杯に行ってきますという内容だったと思いますが、あれから気がつくと3週間がすぎておりました。


最近、かなり忙しくなってきているのです。12月に都内の某大学で講義をすることになってしまい、その準備というやつが最大の原因であることは間違いありません。
しかし、そうこうしているうちに年を越してしまいそうな不安にかられたため、仕事の合間をみつけて何とか更新することにしました。


天皇杯についてはすでに“旬”を過ぎているので多くは語りません。
博多入りした日(10/20)の夜、あらかじめ目星をつけておいた飲み屋に行ってみたら、これがかなり美味くて安い店だったのには感激しました。
061020_2346~0001.jpg



翌日は朝から一日観戦。2日目ということでベスト8まで出すわけですが、ある意味、このあたりがいろんな選手の試合を見られることもあって、一番面白かったかもしれません。中学生ながら2日目に残った全中チャンピオンの小林・佐藤組(就実中)の試合を見ることができたのも大きな収穫でした。


試合終了後、あきらさんとともにアゴイ!さんにクルマで太宰府天満宮まで案内していただきました。ありがとうございました。
061021_1646~0001.jpg



また、その夜は飛行機が出るまでの時間、あきらさんに一杯つき合ってもらいました。あきらさん、ありがとう。ナロ・リゾートカップは楽しいのでおすすめですよ。


テニスもあまりできていません。
週1回のスクール(硬式)もほとんど行けず、ジュニアやママさんのクラブでちょっと球出しをする機会がある程度です。
11/5にはジュニアのクラブで恒例の「親子大会」が行われたのですが、これの準備と当日の運営を任されることになりました。以前「大会運営の血が騒ぐ」というブログでも書きましたが、こういう作業になるとなぜか生き生きとしてしまう自分が不思議です。


最近、というか、ソフトテニスを再開してからというもの、フォアハンドストロークが不安定で困っています。もともとそうだった、と言ってしまえばそれまでですが、何だかきちんとした順回転がかかっていないようなのです。
テイクバックの形も見失ってしまいました。打点もバラバラなようです。
今度じっくり時間をかけて矯正したいものです。
近いうち「質問掲示板」に質問してみようかな・・・(笑)


バックハンドは、フォアに比べればですがわりと安定しています。もちろんつなぎのショットでしかないのですが、ビビッたときにどっちで打ちたいかと聞かれたら、断然バックハンドですね。
「一度身につけたらバックのほうが安定する」とはよく言われることですが、ぼくはいったいいつバックを習得したのでしょうか? もちろん最初から打てたはずはないし、それなりに苦手意識もあったのですが、あまり悩んだ記憶もありません。学生時代に某一流選手のフォームを頭に焼き付けたのがイメージトレーニングになったような気がします。


というわけで、突然ですが、久しぶりに替え歌を1曲。
最後にアップしたのが、今年3月の「急性パニック」ですから、実に8ヶ月ぶりということになります。
この間、まったく作っていなかったわけではないのですが、いずれも未完成で終わっておりました。


「異常なミス」を現役中学生が歌ってくれているなど、嬉しいお便りもいただいており、できれば若い人でも知っている歌を元歌にしたかったのですが、ごめんなさい。今回は1978年のヒット曲がベースです。
また、「3回目の抗議」以来のデュエット曲でもあります。


========================


アナタからの凹み


(平尾昌晃・畑中葉子「カナダからの手紙」の曲で)


作詞 冬のアナタ
作曲 平尾昌晃


(男) バック下手だろ アナタ
    一度だけなら 返せたけれど
(女) 今度はたぶん ダメでしょう
(男女)マグレだろ アナタ
(女) バックのほうが
(男) 弱いと見ると
(女) 相手はそこに
(男女)絞ってきます
(男) アナタのミスを 思い出して
(男女)必ずそこに 集めてきます
    マッチポイントの レシーブを
    バックで打つのは やめてください
    敗れたら 審判だ
    味方のいない ひどい試合です
    

======================== 



・・・いったいどこが忙しいんだ!というお叱りの声が聞こえてきそうです。
至極ごもっともですが、これも仕事の合間の息抜きということでご容赦願います。


今回はぼくの好きな「英語の歌詞を日本語に替える」という手法を一部使っております。
ご感想等ございましたらよろしくお願いいたします。

コメント

待ってました!
さらにレベルアップしてるような・・・。

¿?

相当お忙しいご様子、拝察申し上げます。
しかし忙しければ忙しいほど、「心の遊び」をしたくなる部分がとてもよくわかります。
実は先日『BRIDGE』を見ながら「替え歌の部屋」はしばらく更新なしだな~と管理人としてチェックしていたところでした(笑)
「ネタ切れしたなら今後はあまり無理しなくていいですよ(その代わり新コンテンツを!)」とメールしようと考えておりましたが、新作は、まぁなんと素晴らしい出来栄えで(笑)
その才能を埋もれさせるのはあまりに惜しいので、メールは送らないことにします(爆)

小4の時の担任の先生が♪カナダからの手紙が大好きで、
授業をつぶしてクラス全員のの男子と女子を一人ずつデュエットにして
全員が歌わされた記憶がよみがえりました。
組数約20組。エンドレスで頭の中に♪ラーブレター フロム カナダ~ でした。
今回のもウケますね~。

コメントありがとうございました。
やはり8ヶ月もブランクがあると死にかけたコーナーと思われても致し方ないでしょうね。
ネタがないわけではなく、部分的にはできているものもあるのですが、曲としてなかなか完成しないのです。
「さらにレベルアップしているような」などと言っていただきましたが、自分としてはまだちょっとリハビリ中な感じです。
えりっちさんの担任の先生はおちゃめですなあ。いくら自分が好きだからといって、延々と生徒に歌わせるなんて・・・
この歌はハモるのも簡単で誰でも歌えると思いますが、いくらなんでも20回も同じ曲を聴かされたらイヤになっちゃいますよね(笑)
チヨコさん、お手すきのときに部屋へのアップをお願いいたします。

アップ

「替え歌の部屋」へのアップ完了しました。
今回は早い作業でした(^o^;
リハビリと謙遜なさっていますが、
見比べてみても、やはりいい出来ですね。

さっそくありがとうございました。
これからもがんばりますのでよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/92-bddb4062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。