--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-03

大会運営の血が騒ぐ(後編)

大会当日となりました。いつもより30分くらい早く着けるよう早めに家を出ます。もちろんドローはじめ、各種書類は大事に持っていきます。


開会式ではなぜかぼくが「競技上の注意」を説明することになりました。高学年の部と低学年の部では審判のやり方とファイナルゲームのやり方が異なるので、そこを重点的に説明し、あとは各コートの第1試合の選手を発表して終了です。


開会式終了後、およそ40分を使って各クラブの練習タイムとなります。本来であれば娘のクラブで球出しなどしたいところですが、今回ばかりは本部席での仕事がいろいろあり、あらためて「主管」という立場を実感することになります。


試合が始まりました。
実は今回の進行にあたり、ある“秘密兵器”を用意してきたのです。

060820_1223~0001.jpg


これは、学生時代に使っていたノウハウではありません。ある硬式の草トーナメントで見かけたものですが、なかなかよく考えられているので今回試しに採用してみました。
進行表に刺さっている赤いピンは「現在試合中」、青いピンは「次の試合(控え)」を意味します。ピンに書かれている数字はコート番号です。
大会は必ずといっていいほどコートごとに進行速度の差が出ます。そういうとき、進行の遅いコートの試合を早いコートに振り替える必要が出てくるわけですが、ここが本部席の腕の見せどころとなります。
今回、このピンによる進行を初めてやってみましたが、なかなか便利でした。進行に悩む方々にぜひお勧めしたいと思います。


この大会はコート8面使って行われました。学生時代、一度に24面の進行をしたことがあるので、8面などは寝ていてもできるだろうと鷹をくくっていたのですが、小学生の試合は5ゲームマッチなので、異常に回転が早いのです。あっという間に試合が終わり、勝者がジャッジペーパーをジャンジャン持ってきます。正直言ってこれは誤算でした。


余談ですが、この大会は5ゲームマッチで1試合を20分としてスケジュールを組んでいました。学生時代には7ゲームマッチは20分、9ゲームマッチは30分として計算するのが常だったので、ずいぶん余裕のあるスケジュールといえます。
現行のルールでは、ファイナルが7ポイント先取でしかもチェンジサイズもあるので、平均試合時間としては以前より長めに見積もっておかねばならないのでしょうね。


予選リーグが予定より1時間も早く終わってしまったため、役員の方々と相談して40分ほどのお昼休みを入れたりしたのですが、決勝トーナメントは逆に進行が遅れてしまい、反省しきりでした。
やはり20年ぶりの進行だったためか、「現在試合中の選手をトスに呼んでしまう」といった、やってはいけないチョンボもときどきありました。そんなときは決まって選手のお母さんと思われる女性が本部席にやってきて「試合中なんですけど!」と怒ったように言うので、こちらは平謝りでした。


というわけで、久しぶりの大会進行、本当に楽しませてもらいました。とはいえ、自分の娘も出ているわけなので、やはり試合観戦くらいはしたいものです。



(おまけ)
この大会の前日は地元の盆踊り大会でした。ぼくの所属する「おやじの会」はかき氷・ソースせんべい・スーパーボールすくいの屋台を出店、予想を上回る売上を上げることができました。
こうしてあっちにもこっちにも首を突っ込んでいるのですが、最近両立するのがなかなか難しくなってきました。何ごとも中途半端はよくありません・・・
060819_1738~0001.jpg

コメント

冬のアナタさん、おはようございます。
これこそまさに『昔取った杵柄』ですね!
子供達(特に低学年)の場合、指導者側も試合神鋼には常に気をつけていないとならないので、結構疲れますが、本部の方々も戦場のような忙しさ(特に前半の予選リーグなど)をこなされており、いつも感謝しています。たまに本部をする試合も、不慣れなもので、進行役は出来るだけ逃げています(笑)
さすが!アイデアの宝庫ですね。今度進行表のピンはご教授下さいませ!

ある方から速攻で突っ込まれました(笑)ラグビーかよっ!
試合神鋼⇒試合進行
凄いチェック!(爆)

こういうイベントには
イベント=お祭り=屋台
このスタイルはイベントを盛り上げるためには必要ですね。
(縁日がなくなり、屋台もなくなり、お祭りも味気なくなりました。ノスタルジックではなく、だからこそ温故知新ですかね)
参考になるような、素晴らしいアイディアを考えそれを実行していくところが、やはり冬のアナタさんはタダ者ではないですね。
話題がトーナメント表だけに厳しいチェックも入っていますね。(爆)

みなさん、前編を含めコメントをいろいろありがとうございます。
クッキーの父さんのコメントに速攻でツッコミを入れたのはどなたなのでしょうか???
そんなに頻繁にこのブログを見ていただいているのか~、それとも、単にクッキーの父さんの追っかけなのかは~ ・・・・・・・自由だ~!
しかし「進行」を「神鋼」と変換するとはすごい!
ほかにもいろんな誤変換のパターンはあると思いますが、いずれにしても、
 試合新興 →宗教かよ!
 試合侵攻 →イラクかよ!
 試合新光 →証券会社かよ!
てなツッコミを受けるんでしょうね。
ジュニアについては思うところが多々あります。またいろいろ書き込んでみたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

本文より、誤変換例解説にに笑ってしまいました。ぎゃは!

試合振興!もとい試合進行ご苦労様でした。(笑)
私なんかも試合中なのに、他のコートへ呼び出ししたりという失敗は数え切れないですね。(笑)
あの試合進行のピンは私にも是非ご教授頂きたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/85-c34f33dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。