--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-09

白子の合宿 ~都会硬式サークルvs地方軟式体育会~

今年のインターハイは千葉・白子で開かれますが、この白子町は冬のアナタが学生時代に春合宿を行っていた懐かしい土地です。
東北地区の大学だったのですが、なぜか毎年わざわざ白子まで出てきておよそ1週間合宿を行うのでした。


同じ民宿にはわれわれ以外にもいろんな学生の団体が泊まっているのですが、そのほとんどが関東の私大の硬式テニスサークルでした。
サークルの名前は「Love Smash」とか「Green Wood」とか、何ともいえないトホホなネーミングなのですが、そんなサークル名が入ったトレーナーをみんなでそろえていて、バラバラなウェアを着ているわれわれとしては、のっけから圧倒されるのでした。


サークルの女の子たちはみんな可愛くて、お風呂から上がってきたばかりの彼女たちとすれ違うとすごくいい香りがして、思わずついていってしまいそうになりました(変態?)。


そんなサークルの諸君と同じ食堂で食事をとるのですが、このときほど彼らとの違いを痛感させられることはありませんでした。


彼らは本当に楽しそうに食事をしています。食事も終わろうというそのとき、リーダー格のちょっとかっちょいいお兄さんが立って、
 「みんな、食べながらでいいから聞いて♪ 午後の練習は○時からだよ~」
などと言っているのです。


これに対してうちの部はこんな感じでした。
 「姿勢正して! 黙想! (30秒ほど黙想して) ごちそうさま! 午後は1時半に玄関前集合! 以上!」


彼らサークルは毎晩宴会を行っています。われわれは10時消灯で合宿中は禁酒。
われわれが電車にバスを乗り継いでやっとの思いで白子までたどり着いているというのに、彼らの中にはベンツを運転して来ている輩がいました。
彼らはどこかの女子大と合同でサークルを形成しており、男女比5:5をキープしていますが、われわれは全員男子。・・・いや、ちょっと待った。若干名だが女子がいました。しかしどれが女子なのかすぐには判別できない状態。


・・・たった一度の青春のはずなのに、神はずいぶん不公平なことをしてくれるなあ・・・という感想を持ちましたが、これもいい思い出です。


卒業してからもしばらく後輩の合宿に顔を出していましたが、最近はごぶさたしています。
今年のインハイ、しばらくぶりの白子が楽しみです。

コメント

うわはははは
白子での合宿はしたことないのですが、そんな誘惑もあったのですね。
体育会系の「お金をかけない合宿」というか「お金のない合宿」ってのも味があっていいじゃないですか!

私も白子の思い出を語ったら『一晩でも~足りない~』一人です。
入学前の春合宿から参加し、女子の先輩とも初対面。
中・高男子校の私は『花の女子大生に会える!と意気込んでいたのにほとんど会話も無し。女子はその頃2部にいたので『うわ、すげ~!男子よりうまい』
浅野食事当番が終わって部屋に戻ったら『○○さん(当時のコーチ)がコートで待ってるぜ』との先輩の言葉。『トイレも行けない(泣)』
今となってはいい思い出です。一つ上の先輩はそこでバイトをしていた学生さんとその後結婚をしました。『いつそんな話になったんだよ~!』

"しかしどれが女子なのかすぐには判別できない状態"
あーびっくりした。私のことかと思いました.
「前を向いているのか後ろを向いているのかわからない」
などと言われた高校時代を思い出しました.

みなさん、コメントありがとうございます。
学生時代というやつは、いま思えばなんてくだらない、意味のないことをやっていたんだろう?ということばかりだったように思いますが、しかし、不思議と後悔する気も起こらないものです。
この無意味な「遠回り」が今の自分の“こやし”になっているのだというのはあまりにも手前勝手すぎるでしょうか・・・

冬のアナタさんと364日しか年が違わない同世代を生き抜いてきた私には、ツボにはいりすぎたブログでした。
あ~おかしい。
>しかしどれが女子なのかすぐには判別できない状態。
anさん、私もそうでした。
判別できないどころか
「アイツは女じゃない」といわれる始末(笑)
トホホのネーミングとか、お兄さんとか、情景が浮かびます。
『BRIDGE』で合宿したら・・・
クッキーの父さんが正座してて・・・
某学連の委員長と、某大学の主将がいて・・・
もう想像するのやめとこ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/8-0a6569bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。