--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-11

探しものは何ですか

恥ずかしいことですが、わが家では本当によくモノがなくなります。
ソフトテニスマガジンとかDVDとか、そういう趣味のものならともかく、下着とかタオルとかソックスとか、そういう生活必需品が見当たらないことなどもザラにあるのです。


これは何を隠そう、家内のだらしない性格に起因していることは疑いの余地がありません。
よく観察していると、家内はモノを片付けるのではなく、その上からまた別なモノをかぶせるという行動に出ているのです。
ですから、先ほどの下着とかタオルのケースで言うと、洗濯して干して取り込むというところまではするのですが、その洗濯物の山の上にまた別な洗濯物を地層のように重ねてしまうため、下のほうに埋没した下着などを“発掘”することがどんどん困難になっていくのです。


こうしただらしない性格に加え、モノを大事にしようという気持ちが欠落しているのではないかと疑いたくなることがあります。


家内が学生時代にウッドのラケット(ニューナンバーワン)を買ってあげたのですが、あるとき怒りにまかせて地面にたたきつけ、ヒビが入ってしまいました。(このときはナイロンの釣り糸と接着剤を使って一晩かけて補修工事をしてやりました。。。)


また、ピアスを買ってあげても浴室の排水溝に流してしまったりしたこともありました(これは複数回あった)。


先日もすごいことがありました。
娘がジュニアのクラブに入ったのを機に「私もまたテニスやりたいな」などとのたまう家内に、この春ナロさんのお店で「ナノフォース」を買ってあげたのですが、先日テニスをしようとしたら、このラケットがどうしてもみつからない。
家内は当初、こともあろうに1歳半になる息子のせいにしていました。たしかに息子はラケットをおもちゃ代わりにしていましたが、自分の身長ほどもあるラケットをどこかに隠したりできるほどわが家は広くありません。
どこか外に忘れてきた可能性を考えてみたのですが、最後に家から持ち出したのがいつなのか思い出せません。ひと月以上前の5月の終わりに都立H公園のコートでテニスをしたのですが、もしかしてそこに忘れてきたのかなあ。そんなはずないよなあ。と言いながら、念のため電話で問い合わせてみたのです。


ラケットは届いていました(激怒)


おい、テニスをする者にとってラケットは刀と同じなんじゃないのか、だいたいお前というやつは人がプレゼントしたモノを大事にしない、昔からそうじゃないか、あのラケットのときもそうだ、ピアスだって排水溝に流してしまうし・・・


延々と非難の言葉を並べ続けるぼくに家内がボソッと一言。


アナタだって結婚指輪なくしたじゃない


・・・・・・(黙)


た、たしかにそうでした(汗)。
あれはほんとに私が悪うございました。
言い訳するわけではありませんが、もともと男が指輪をしているのが好きではなかったのです。
だから、その場に応じて指輪をとったりはずしたりしていたのです。(筆者注:「とったり」と「はずしたり」は同義です。かなり取り乱しております)


その場ってなんだよ?ですって?
いやいやいやいや、別に深い意味はございません。
合コンに行こうと指輪をはずしたら、日焼けのあとがくっきりしていたのであわててバンドエイドを巻いていった、なんて経験はまったくございません。
でもそのバンドエイドをはずしたら逆にモテ始めたなんてこともまったくの作り話です。
誤解です。何かの間違いです。許してください・・・


・・・こうしてかなり立場が悪くなったところで、酔っ払って携帯を落としてしまいました。
泣き面に蜂。弱り目にたたり目。
幸いすぐに見つかったのですが、もう当分の間、ぼくは家内を批判することができなくなってしまいました。
家内はこれからも堂々とモノをなくしていくのでしょう。


今後はせめて自分のモノだけはなくされないよう、ささやかな自衛手段を講じていきたいと思っています。(おわり)

コメント

 腕時計を持つようになって、テニスコートに置き忘れ腕時計が確か5個ですね。
 で、今は少しいいのをしてますが、
(それでもバーゲンで買ったもの)20代、30代は1980円のとかしてましたね。
 ラケットをコートに忘れる?それはいかん。でも忘れ物として届いているというコートの治安の良さ、に驚きますね。
 まだまだ日本も捨てたモンじゃない。
 指輪?はめた経験皆無。したがってなくすことも忘れることもありません。
 ネックレス、腕輪、指輪、腹巻き(これはちがうな)などなど身につけませんね。
 どういうわけかピアスは好き。

冬のアナタさん、それはマズイっすよ(笑)
結婚指輪はなくしてはいけませんね~。私は指が短いので、結婚した時に『指輪は新婚旅行だけ』と了解を得、その後は後生大事に妻の化粧台の引き出しから出てきません。これから先もず~っとです。

この畳み掛けるようなスピード感、
どこまで奥様を落とすのかと読者に一抹の不安感を持たせながらも、
軽妙な文章に引き付けられて、どんどんと読み進めさせていくテクニック!
そして驚愕のエンディング!
これはただの「日記調ブログ」ではありませんね(笑)
スリルとサスペンスとスピードに満ちた「3S作品」としては、かなり完成度が高いものだといえるでしょう。
いや~面白い!

えっ! そこまでブログに書いていいんですか?
と感じつつ、先を読み・・・ああーやっちゃった!(爆)
どうしょうもないですね!
先制攻撃をかけてリードしながらファイナルでの逆転劇は痛いです。(笑)
楽しく読ませていただきました。
若かりしときは(いつだ?)『恋は盲目』と言って、相手の全ての行動には寛容でした。
が、現在は『老いは盲目』状態(汗)。
言えば反撃されるし、コートでは先輩風を吹かせるしと、どうすればいいの!(汗)
で、
「探し物」を替え歌にしました!(採点を!)
(原曲=あの素晴らしい愛をもう一度)
『あの素晴らしい愛はもう二度と』
北山修作詞・加藤和彦作曲
?命かけてと 誓った日から
すてきな指輪 交換したのに
それなのに その場に応じて指輪を
とったり はずしたりなんて
心と心が 今はもう通わない
あの素晴らしい愛はもう二度と
あの素晴らしい愛はもう二度と
?ラケット探しも 忘れたのでは
あきれてモノが いえないけれど
あの時 あのラケットで
打ち合っていた二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴らしい愛はもう二度と
あの素晴らしい愛はもう二度と
?広くない我家に ぽつんといるようで
涙が知らずに あふれてくるのさ
あの時 どんなことがあっても
変わらないと言った二人の
心と心が 今はもう通わない
あの素晴らしい愛はもう二度と
あの素晴らしい愛はもう二度と
?今はもう何も~話したくないの~ はだめです。(爆)

私はもっとすごいんですよ~。
恥ずかしくて書けません。
今度四国でお会いした時に奥様に教えてあげようっと。
また楽しみが増えました。

えりっちさん
是非、公開(後悔)を!
わくわくしますね。(爆)

皆さんコメントありがとうございました。
笑行陣さんに至っては替え歌を、しかもフルコーラスで作っていただき、ありがとうございました。
わが家はモノはなくなりますが、まだ心までは亡くなっていないと信じたいところですが、ホントのところはどうなんでしょう???
結婚指輪は、定期入れなどにしまっているうちに落としてしまったのではなく、実はまだわが家のどこかにあるのではないかと思っています。ちゃんとした場所にしまった記憶もあるので・・・
でもそれが見つからない以上、外で(ある行動の結果として)紛失したと決めつけられても仕方がなく、とてもくやしい思いをしています。
えりっちさんのエピソード楽しみにしております。
先週の土曜日に家内が忘れたラケットをわざわざ取りに行きました。
行きも帰りも渋滞しており、往復3時間くらいかかりました。
ラケットと久しぶりに対面した家内、「あー、ラケットだー」だって。
ふざけるなぁーっ!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/79-7f92a3cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。