--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-07-03

DIY第2弾!

もともと手先が器用なほうではないのですが、テニスに関して課題が見つかると何とかして解決したいと思い、強引にいろんなものをつくってしまう癖があります。


今回は、あるホームセンターでいい道具と材料を見つけたのがきっかけでした。


060702_1718~0001.jpg

▲「万力」のようなものが木片にネジで固定されています。


060702_1742~0001.jpg

▲木片の裏側にはネジ穴が仕込まれています。



これだけです。これはいったいどのように使うのでしょうか?



060702_1722~0001.jpg

▲カメラ用の三脚を用意し、ネジを木片の裏側のネジ穴にセットします。


060504_1044~0001.jpg

▲万力にフラフープを挟んでできあがり。


サーブの練習で、(相手コートのラインではなく)ネットの真上に目標を設定しなさいという教え方がありますが、今回開発(?)したこのグッズにより、その練習をサポートすることができるというわけです。
三脚のほうで高さを調節できるわけですから、サーブ以外にも使うことができると思います。



060702_1734~0001.jpg

▲さらに三脚の首の角度を変えて、以前ブログでご紹介したバウンド測定器を固定させるという使い方もできます。


このグッズを製作するにあたり、一番苦労したのは木片の裏側のネジ穴に相応しい金具を探すことでした。


このグッズ、カメラ・ビデオ用の三脚をお持ちであればどなたでもすぐに使うことができます。材料費もたいしてかかりませんので、もしご希望の方がおられましたら、実費で製作してお送りしますのでご連絡ください。


ところで、以前ご紹介した「バウンド測定器」のネーミングについて、慎重に検討を重ねてまいりましたが、このほど、


 バウンドドック


と決定させていただきました。ボールのバウンドを調べる人間ドックのようなものというニュアンスがこめられています。
決して「ハウンドドッグ」ではありませんので念のため(笑)。

コメント

ナイスです!
多岐にわたる才能の開花ですね。アイデア&試行錯誤の自信作はすべて逸品ですね。ネーミングもまたいいですね。(笑)
冬のアナタさんはBRIDGEの発明王として『オジソン』と言う肩書きはいかがでしょうか(爆)
特許の申請をぜひ!
ナロさんからのオファーもありそうですね(爆)
フラフープの代わりにコーチのイラストなどはいがかでしょうか(笑)
痛そうですが子供達には好評かもしれませんね!
次作がまたまた楽しみです。

すごいすごい!
注文しようかな~
確かにサービスラインを狙って・・とか、空き缶を置きこれを目印に・・というのは、初心者には難しいことですね。
目標が近いほど、そして大きいほど、明確に理解しやすく、これは素晴らしいサポートグッズだと感銘を受けました。
それにしても「バウンドドッグ」とは(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/78-9734b33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。