--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-07

二次会の記念品

1991年に結婚式を挙げました。相手も軟式経験者でした。というよりインターハイとか国体にまで行ったことのあるとんでもない女性でした。


二次会のパーティーに来てくれた方々に贈る記念品を何にするか? 
これについてはかなり悩んだのですが、いろいろ考え抜いた末に「軟式ボールによる紅白饅頭」に決めたのでした。
当時、すでにピンクやイエローの軟式ボールはありましたが、そのピンクのボールと白いボールを組み合わせて記念品にしてしまおうという企画です。


まず、ボールに「寿」という文字を入れられるかどうかが最大のポイントでした。しかし、調べてみると意外なことにこれは簡単でした。金色の文字で、しかも毛筆体で入れることが可能なのでした。
(その際、スポーツナロさんには大変お世話になりました。ありがとうございました。)


次はそれを入れる箱の手配です。そういう仕事をしてくださる業者さんを電話帳で探し出し、ボールの見本を持っていって、何とか作ってもらうことができました。申し訳ないくらい安価で作ってもらったことを思い出します。


最後は「のし紙」です。これはそれほど苦労しませんでした。サイズだけ指定して、あとは二人の名前を入れてもらうだけです。


こうして、ボール・箱・のし紙が揃いましたが、梱包はすべてぼく一人で行いました。思っていたより大変でした。


この記念品、自分の手元にも残っていません。もらった人たちもおそらく捨ててしまっていることでしょう。
どなたか写真でも撮っていていただけたらと思うのは虫が良すぎるでしょうか・・・


※このブログは、あえて時系列で書かないようにしたいと思っています。小学校の話が出たと思えば社会人の話に飛ぶ、かと思えば中学時代の話に戻る、という脈絡のないワールドを築きたいと思っています。

コメント

①まずプロフィールから「現代用語の基礎知識」を削除しました(笑)
ソフトテニスがメジャーとはいわなくても、人並みになる日を夢見て・・・。
②ただものじゃないと思っていたけれど、こんな記念品「軟式ボールによる紅白饅頭」なんて見たことありません(爆)
ソフトテニス関係者の結婚式にはかなり行きましたが、そんなことする人いません・・・。
ボールに金で「寿」ですって~!
やはりソフトテニス界の「雑学辞典」を追加しようかと考えています(笑)

あ、書き忘れましたが、この二次会の案内文は、ジャッジペーパーを模した体裁になっておりました。
やりすぎですね・・・

尊敬申し上げます。
それ、どんな風にするのか教えてください。
オフ会で使いたいです(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/7-d45f7c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。