--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-04-15

奇妙な符合

今年、父親と母親がそろって古希を迎えます。
父と母は高校の同級生なのです。


どのようなかたちでお祝いするかは弟たちとも相談しながら考えるとして、お祝いのタイミングとしては、「二人の誕生日のちょうど中間日」がよいのではないかと考えました。もちろんそれぞれの誕生日は誕生日として祝うのですが、古希を祝うイベントは一度にしてしまったほうが盛り上がるのではないかと考えたのです。


で、父母の誕生日の中間日がいつになるのかを調べたところ、9月23日と出ました。
「秋分の日」ですが、今年については土曜日なので振替休日につながらないという、ちょっと損したような気分になる日でもあります。(笑)


ところで、この9月23日という日にちょっと引っかかるものを感じたので、もしやと思い、ぼくと妻の「誕生日の中間日」も調べてみました。


同じく9月23日でした(驚)


ただの偶然かもしれませんが、偶然にしてはあまりにもよくできすぎた“符合”です。先日『博士の愛した数式』を読んだこともあって、なんだか宇宙の摂理のようなもの(?)を感じてしまいました。


しかもこの9月23日という日は、1998年から「テニスの日」として制定されているというではありませんか。
これもただの偶然にすぎないのだとは思いますが、よし! 古希のお祝いはみんなで集まってテニスだ!・・・って、自分だけが楽しもうとしていないか? 母はテニスをしない人なので・・・(笑)

コメント

なんて素敵な偶然なんでしょう!
ふたつのカップルにこんな共通点があるなんて。親子(家族)になるべくしてなったということですね・・。
誕生日の中間日って、指折り数えたのですか。
カレンダーを前にして、ツイスターゲーム(わかります?)のようにふたりの誕生日から順に押さえていったのでしょうか。

この9月23日って、すごい偶然ですね。びっくりしました。
私も先日「博士の・・」一気に読みました。
実は私の父と母も高校の同級生です。
そして誕生日も8月下旬と10月下旬ですので、あれ?と思い真ん中を調べてみました(笑)
すると9月26日でした(惜しい!)
では冬のアナタさんと私の間の日はいつですか(笑)

ついでの偶然をもうひとつ。
私共、夫婦の結婚記念日が9月23日です!!
・・・・・・・・お呼びでない・・・
これまた失礼致しましたア!

ついでのついでに偶然をもうひとつ
『青春の旅立ち』でした。
スイスに一人で旅立った日が9月23日でした。
・・・・・・・・お呼びでない・・・
これまた失礼致しましたア!
ガチョーン!
東京のNさんぱくり!(笑)

みなさん、コメントありがとうございました。
9月23日というのは、気候もちょうどよく、連休にもなりやすいので、結婚式やスポーツや観光などに最も適した時期なのかもしれませんね。
誕生日の中間日というのは、エクセルのオートフィル機能を使うと比較的簡単に求めることができます。
中間日が存在するためには、二人の誕生日の間の日数が奇数である必要があります。
したがって、ぼくとチヨコさんの誕生日の中間日というのは存在しません。(1日違いなので)
・・・待てよ、1日違いじゃなくて364日違いか!(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/63-7fee58b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。