--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-02

「ドンマイ」と言えば・・・

じすたさんのブログに「ドンマイ」の話が出ましたが、コメントでは長すぎるのでこちらに書くことにしました。


もう10年ほど前のこと。同じ会社の別な部署でテニス(硬式)大会をやるという話を聞いたため、飛び入り参加させてもらいました。


その部署は国際関係の部署で、外国人の社員も何人かおり、日本人の社員も多くが帰国子女という、とんでもないところでした。


ダブルスの試合をするのですが、ぼくはなんと金髪の女性と組むことになりました。
ちなみに対戦相手の1人も外国人、そのペアが帰国子女でした。


お断りしておきますが、ぼくは一度だけ受けたTOEICでエンピツを転がして答えを決めたほどの語学力です。


ペアの女性がミスをしたので、何と声をかけたらよいのか迷いましたが「ドンマイ」は「Don’t mind」だと思い直し、できるだけいい発音で「ドンッマイン」と言ってみました。


ペアはポカンとしていたとです(涙)


その後も試合中には、ぼくを除く3人で楽しそうに英語で会話をしているではありませんか。


その中でわかったことがありました。
彼らネイティブは「Never mind」と言うのです。


それに気づいたぼくは、次にペアがミスしたときに思い切って「Never mind」と声をかけてみました。


さすがにこれは通じたようです。
心の中で「やった!」とガッツポーズをとっているぼくに向かってペアの女性がひとこと。


 「ゴォメェンナサ~イ」


・・・なんだ、日本語しゃべれるんじゃん。
だったら最初から使えよ!


<今日の格言> 郷に入りては郷に従え

コメント

んだべーよ。しきたりてえもんがあんだよ。
 でもねえ、この前中国に行ったとき、ニイハオ、サイチェンしか話せなかったなあ。
 ひたすら通訳さんだのみの会話でしたな。
ドンマイ、響きはいいですよ、好きな和製英語です。 

どんまい って響き、私も好きです。
ドンマイってカタカナで書くより、ひらがなで「どんまい」。さらに加工ができれば「どんまい」は筆文字で書きたいくらいです。

行間にこだわったこの「間合い」・・・笑わせていただいております。
ん?一番最後の行の形式、そう格言、四字熟語、ことわざでしめくくるやりかたは、どこかで見たような・・・?
そう、かなり前に・・・。
どこだったかしら?
う~ん、思い出せない・・・(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/5-04e8eced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。