--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-01-06

♪初めての受注

昨年末のある夜のことです。
「牛角」で飲んでいたら、“ある人”から携帯に電話がかかってきました。
名前を仮に“Nさん”としておきましょう。
Nさんは、ご自身が指導をされている某ママさんクラブの忘年会会場から電話をくださったのですが、なんとその日、「替え歌の部屋」に掲載されている全作品をプリントアウトして持って行き、しかもそれらをすべて歌い切ったというのです!(驚)


作者冥利につきる、とはこういうことを言うのでしょう。


そのママさんたちからのリクエストなのか、Nさんからは「次は“迷い道”で作ってほしい」というオーダーが入りました。
「迷い道」というのは渡辺真知子の大ヒット曲ですが、なんせ1977年の歌ですので、今の若い人たちの中には知らない人も多いかもしれません。


元歌の指定つきでリクエストされるというのは、ほとんど経験のないことでありましたが、せっかくのリクエストですので、がんばって作ってみました。


ママさんたちからのリクエストであるという点を限りなく重視した内容になっております。
不適切な表現がありましたらご容赦願います(笑)


=================


「顔いじり」


(渡辺真知子「迷い道」の曲で)


作詞:冬のアナタ
作曲:渡辺真知子




半袖シャツ着ない
あの人に 逢ったなら
私は日焼け止め
塗ってると 誰か伝えて
まるでキャディじゃないの
日焼けがシミになって
荒れ果てた あの肌に
さじを 投げないなんて
お肌曲り角 化粧間違えて
笑いじわ うねうね


=================

コメント

早速笑わせて頂きました!
ママさん達が笑って聞き流すか?
引きつって引いてしまうか?は、
私には判断がつきかねます…^^;

2006年第1作はレディース(ママさん)ネタできましたね(笑)
これはママさんの世界を知り尽くした人でなければ作りえない詩です。
半袖シャツ着ない あの人に逢ったなら
私は日焼け止め塗ってると 誰か伝えて
まるでキャディじゃないの
日焼けがシミになって
荒れ果てた あの肌に
さじを 投げないなんて
お肌曲り角 化粧間違えて
笑いじわ うねうね
「半袖シャツ着ない」で行を変えずに、「あの人に会ったなら」まで1行でまとめたほうが、
意味がよくわかります。
ママさんにはどんな真夏でも絶対に半袖を着ない方々がいらっしゃいます。
私はさっさと半袖になるほうでした。
夏に焦げすぎると、しわにファンデーションを埋め込むように塗ります(汗)
その様子を「うねうね」で表現するとは・・。
そうあの夏場の悲しいまでのしわはまるで畑の畝(うね)のようです。
お見事としかしかいいようがない・・・。
しかしNさん、全部歌い切るなんてすご~い!!

ところで・・・
これは完成品ですよね?
「ソフトテニス替え歌」にアップしてもよい作品ですよね!(笑)

すいません。リクエストした張本人のNです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・「まいりました!!」
(土下座してます)
ちょっと困らせてみたいなどと、嫉妬と
うらやみの複雑な気持ちで電話したのですが、見事な替え歌でした。
巨匠にとって、曲指定のリクエストなんて。「オチャノコさいさい」(こんな言葉知ってるな)なんですね。
早速、ママさんたちの新年会で披露させていただきます(昨年は今までの作品で相当、高い評価を頂きました。まるで僕の手柄のように)
巨匠!もうこんなこと金輪際(こんりんざい)しませんので、見捨てずよろしくお願い申し上げます。勘弁した下さい

 張本人のNさんも「まいりました」の言葉が出る、傑作が年頭にできましたね。
さすがです。もしかして「笑いじわ うねうね」が最初に決まりましたか?
 何にしても、冬のアナタさんの替え歌が絶好調だということがわかり、今年は楽しみがひとつ増えました。

大笑いです!!
冬のアナタさん、とばしてますね~。

ぎゃははは
元歌知らなくても笑ってしまいましたです。

皆さん、コメントありがとうございました。
>べちさん
今年もよろしくお願いします。今年はもっと試合に出たいと思っていますので、近いうち一度“稽古”をつけてください。
今のところママさんたちからの反応はないのですが、それが逆に怖くて夜も一人でトイレに行けません(笑)
>チヨコさん
改行のしかたは元歌に準拠していますので、意味がわかりにくいところもあるかと思います。ご容赦ください。
現段階では非常にビクビクしているのですが、基本的には「部屋」のほうにアップをお願いします。
>張本人のNさん
「もうこんなこと金輪際(こんりんざい)しませんので」などとおっしゃらないでください。元歌を指定したリクエストというのは大変励みになりますし、スキルアップにもつながります。流しのギター弾きのように何でもござれというわけにはいきませんが、今後もいろいろお申し付けいただければと思います。
>ぴーさん
実は「笑いじわ うねうね」はわりと最後のほうにできたフレーズです。最初に決まったのは「お肌曲り角」の部分であり、「うねうね」は当初「すべすべ」でした。
・・・替え歌創作の舞台裏についてはこのへんにしておきますが、今後ともよろしくお願いいたします。
>えりっちさん
えりっちさんの層に受け容れられるかどうかが、非常に気になっていました。
ウケていただいて光栄です。
>じすたさん
20代ならいざ知らず、どうして元歌を知らないんですかっ!?
この歌、大ヒットしたんですが、いま考えると大した歌じゃないかもですね・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/45-9bc629b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。