--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-18

自分ならこうする! ~関東高校インドアの組合せ~

全国高校選抜の予選である関東高校インドア大会(男子)の組合せを見た。


この組合せ(ドロー)はどういう方針で編成されているのか、その事情を小生は知らない。
昨年度の大会とは選手がかなり入れ替わっているはずなので、昨年の成績をもとにドローを編成するのは妥当ではないのかもしれない。3年生が抜けた後の新メンバーによる秋の関東団体戦が行われているのであれば、その成績に基づいてドローを編成するのが理にかなっているかもしれないが、そんな大会があるのかないのかすら、小生は知らないのである。


そんな不勉強極まりない状態で申し訳ないのだが、このドローを見た瞬間、小生だったらまずこんなドローは作らないだろう、と思ってしまった。


この関東高校インドアのしくみを簡単に説明しておく。


1、出場都県は、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨の8都県。

2、各都県の予選大会の上位2校、計16校によって競われる。

3、ベスト4の4校に、準々決勝敗退の4校による代表決定戦で勝った2校を
  加えた計6校が、全国高校選抜の出場権を獲得する。


こういう大会のドローを作ってみろと言われたら、おそらく小生は次のようにすると思う。


ア、前年度の上位校が所属する都県の、今年度の代表校に順にシード権を付与する。

イ、同じ都県の代表2校は、決勝まで対戦することがないようにする。

ウ、初戦では同じ都県どうしの対戦が重ならないようにする。たとえばA県の1校が
  初戦でB県の学校と対戦する場合、A県のもう1校はB県以外の学校と対戦する
  ようにする。


ちなみに、前年度の結果は次の通りであった。

<優 勝>  木更津総合(千葉)
<準優勝>  横浜創英(神奈川)
<第3位>  前橋商業(群馬)
<第3位>  武蔵越生(埼玉)
<ベスト8> 駒沢大(東京)
       宇都宮短大附(栃木)→代表決定戦の結果、全国へ
       岩瀬日大(茨城)→代表決定戦の結果、全国へ
       笛吹(山梨)


下図は、今回の組合せを転記したものである。

kanto-hi2015-1.jpg

これを見ると、上記のイは実現されているものの、ウがおろそかになっていることがわかる。
具体的に言うと、神奈川-埼玉、東京-山梨の対戦が2つずつあるのだ。(アミ掛け部分)
主催者側は、これをそれほど問題ではないと考えているのかもしれないが、小生としては非常に気持ちが悪い。


また、シードをどうやって定義しているのかもわからない。昨年度優勝の木更津総合(千葉)は、今年も千葉を1位で抜けているのに、なぜ第1シードではなく第4シートなのだろうか。
もしかすると、前年度の成績はまったく考慮せず、今年度の各都県の第1位校から順に、抽選などの方法でシード権を与えているのだろうか。

よくわからなくなってしまったので、僭越ながら小生がベストと思われるドローを作成してみた。

kanto-hi2015-2.jpg

これは、昨年度大会の本戦だけを対象にシード順位を決定したものだが、その後の代表決定戦の結果、代表になった2校(実際の順位は第6位と第7位)を第5・第6シードと定義づけた場合は、若干組合せが異なってくる。

kanto-hi2015-3.jpg

ドロー編成には正解はないと思うが、できるだけ多くの出場選手・団体が納得できるものである必要があると思う。
学生時代、学連の役員を務めていた影響で、ドロー編成には一言言いたがる性分なので、今回は勢い余って勝手なドローを発表してしまったが、このドローの妥当性について関係者からコメントをいただければ幸いである。


結果として架空のドローが複数飛び交う結果となってしまったが、ホンモノのドローはあくまで一番初めの画像なのでお間違いなく(笑)。

コメント

九州では、冬の選抜予選は夏の九州大会の結果を基にシードを振ります。夏の九州大会は、冬の選抜予選を基にシードを決めます。つまり1年前の同大会の結果ではなく、半年前の高体連大会結果が基になります。もちろんシードは学校に与えられるのではなく、シードを持っている県の1位校、2位校と言う見方をします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/346-820c641d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。