--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-01

ベースラインは見えますか

小生、大会で審判を務めることになったときには、たいていの場合、正審を買って出るようにしている。


理由はいくつかあるのだが、


1)ソフトテニスを、見ても面白いものにするため
 →スコアボードもない状態では、見ている人たちからはスコアの状況がわからない。
  コール時にはできるだけ大声を張り上げ、「見るスポーツ」としての価値を向上させたい。


2)マナー向上のため
 →例えばその試合中に、コート後方を横断する者がいようものなら、ゲームを中断させて
  注意を与えるようにしている。そういうことの積み重ねで、少しでもソフトテニスの
  マナーを向上させたい。



とはいえ、審判を務めるのはなかなか大変だ。判定をめぐって選手から猛抗議を受けることもある。


特に正審はその矢面に立つことが多いわけで、正審をやりたがらない人の気持ちもわからないでもない。


最近つくづく思うのだが、高さ150cmの審判台からベースライン上のボールを判定するのは限りなく不可能に近いのではないか。
「自分はベースラインのボールをはっきりと判定できる」という方は、並外れた視力を持っているとしか言いようがない。


先日出場した某大会で、正審を務めたときのこと。


Aペアの打ったかなり速いボールがベースライン上に突き刺さり、しかしBペアはそれを返球、ラリーが4~5本続いた後に、Bペアがポイントを失った。


そこでBペアの後衛が「さっきのベースラインのボールはアウトではないか」と抗議してきた。


たしかにそのボールについては小生も微妙だと思ったのだが、小生のジャッジに関する基本方針は、


 「インかアウトかわかりにくい場合はすべてインとする」


というものであり、この場合もあくまで「イン」と判定したのだった。


ところがそのBペアは、小生の判定に対し、


 「ボールの跡(落下地点)はどこですか」


と質問してきたのだった。


何年か前に、抗議についてのルールが厳しくなり、「抗議はしてはいけないが質問はしてもよい」などという、わけのわからないルールができたためか、近年こういうことを言ってくる輩が増えたが、これは一見、質問の形をとっているように見えるが、審判の側からすると、抗議以外の何ものでもない。


だいたい、そのボールの後に何本もラリーが続いた後で、落下地点はどこですか、などと聞かれて答えられるわけがない。


少しだけカチンときた小生の答えは以下の通り。


 「ボールの跡がどこだかはもはやわかりませんが、
 あくまでその時点でインと判定したのです!」



Bペアは不満顔のまま、しかしそれ以上抗議することなく従ってくれました(笑)。


オムニが主流になってから、ますますベースラインは見にくくなっているように思う。


最近の傾向として「敗者審判」よりも「相互審判」がメジャーになっているのではないかと思うが、相互審判であれば、当事者は4名いるはずだ。であれば、正審・副審のほか、残りの2名を線審にしてベースラインの判定をさせてはどうだろうか。


・・・とはいえ、隣のコートとの間隔が狭い現状では、決勝戦とかでもない限り、線審の立つ場所はないよね。


誰も正確にできないベースラインの判定、何とかならないもんだろうか。

コメント

今後、私の視力が衰えるようになればこういう問題を意識し始めるようになるのかもしれない。

ブログ主さんが審判台の上で見せた対応はなかなかよい判断だと思います。
この問題は「対処術」の問題だと思います。
どういう抗議に対してどのような返答が効果的か、体験談を集めて審判講習会で周知するとか、ソフトテニスマガジンで特集してもらったり、大会要項の最後のページに事例集を載せるなどして、ソフトテニス界のジャッジの成熟度を高めていくきっかけになるとよい。ジャッジの精度というよりは、ソフトテニス大会を運営する側の成熟度をいかに高めるのかという問題のように思える。

ひさしぶりに読ませていただいてます。1級審判です。
Bペアの「ボールの跡はどこですか」という質問の仕方は,イエローカードです。
この競技における質問とは「今のはインですか?」のような、正審が「はい、インです」、「いいえ、アウトです」のように「はい、いいえ」で答えられる質問のみ認められてます。「痕跡はどこか?」、「痕跡を確かめてくれ」の要求は認められません。また、同一項目についての質問は1回限りですので、しつこく何か言ってくる人には即刻イエローカードを出しましょう。
冬のアナタさんの「微妙な判定はすべてインとする」方針、良いと思います。
私もそうですし、基本的に判定を覆すことはしません。トラブルの元なので。
年齢と共に、ベースラインや速いボールの判定が厳しくなってきますね。硬式テニスの大きな大会のように機械判定とチャレンジシステムが導入されると面白いかもしれませんが、現実的には無理でしょう。
今後も厳しい判定をびしびしやってください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/302-36073a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。