--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-13

「試合球」とは何なのか?

ソフトテニスで「試合球」といえば、大会など本番の試合で使用されるボールのことを指すのだと思うが、ではこれが普通のボールと何が違うのかと訊かれるとよくわからない。


大会中、進行の都合で、コートがポッカリあいてしまうことがある。
次の選手の片方のペアは来ているのだが、相手方が試合中であったり、審判中であったりというような場合だ。


こういうときに、審判台の下あたりに放置された「試合球」を使って、次の試合の控えに入っている選手が練習をすることは許されるのかどうか。


別にかまわないんじゃないの?と思うのだが、ある大会でこれをやっていた選手に対し「試合球で練習するなんて(非常識だ)!」とオコっていた大会役員に遭遇して以来、小生はこういう場合には自前のボールで練習するようになった。


しかし、「試合球」というのはそんなに神聖なものなのか?


硬式のプロの試合などを見ていると、ボールパーソンというのがいて、サーブをしようとしている選手に対し、複数のボールパーソンがボールを手渡そうとしている。試合に使われるボール、つまり「試合球」は2つどころではなく、かなりの数が用意されているということがわかる。


硬式においては、“ボールがこの2つでなければいけない”というようなこだわりはまったくないということらしい。


対してソフトテニスの場合。
たとえば隣のコートにボールが入ってしまい、同時に隣のボールからもこちらにボールが入ってきてしまう、というケースはよくある。


この場合、もしすべてのボールが均質であるならば、わざわざボールを交換する必要はなく、隣のコートから入ってきたボールをそのまま使ってもよさそうなものだが、実際には必ずといっていいほどボールを交換、つまり元の状態に戻しているのだ。


おそらく、ボールの質(バウンド)が微妙に違う気がするからなのだろう。


試合前やニューボールを出した場合には、大会役員はもちろんだが、選手であっても2つのボールのバウンドを確かめることが多いと思う。
しかし、確かめるのは「2つのボールの弾み方が同じかどうか」ということであって、「他のすべてのコートのボールと同じかどうか」ではない。


つまり、そのコートの2つのボールのバウンドが同じであればいいのであって、隣のコートのボールとはそれが違っていたとしても、それは暗黙の了解事項というか、いわばどうでもいいこととなっているのだ。
でなければ、ボールがお互いに相手のコートに入ってしまったとしても、それを元に戻す必要などないはずだ。


ボールのバウンドの基準はルールで決められているのだから、そのルールに従って空気が入れられているのなら、どのボールも同じだと考えてよい、というか、考えなければいけないのではないかと思う。
いやそれは違う、と主張する人は、コートによって違った基準(ボールのバウンド)で試合が行われていることを認めているということになるのではないか。


このへんがソフトテニスのルールの気持ち悪いところだ。


他の球技を見ていても、野球でいえばファールボールが出れば審判が代わりのボールを出してくれる。ゴルフやボーリングなど、自分しかそのボールを使わない競技は別として、ソフトテニスのように“そのボール”しか使ってはいけないかのような制限のある競技などないように思える。


どのボールもすべて均質にする方法はないのだろうか。


現在のルールの条文は、


第13条(1)
バウンドの高さは、マッチを行うコートにおいてボールの下端が1.50mの高さから故意に力を加えることなく落下させた場合、コート面で弾んだ後の最高到達点がボールの下端で70cmから80cmまでの範囲となるよう調節する。


とある。


落とす高さはメートル表示、弾んだ高さはセンチ表示にしている気持ち悪さは置いといて、10cmも誤差を認めているのは甘すぎるのではないかという気がする。


認められるのはせいぜい1~2cm程度ではないのか。ボールのバウンドに10cmも誤差があるのだとしたら、ガット張りの際、テンション1ポンドの違いにこだわるなんてほとんど意味がないのではないかとさえ思えてくる。


もしすべてのボールのバウンドを誤差1~2cm以内に収めようとすると、空気の調整は異常に大変なことになるが、いや、それくらい厳密であっていいんじゃないのか? 今までがいい加減すぎたんじゃないかという気がしてしかたがない。


・・・というわけで、最後はボールのバウンドのルールに関する話になってしまったが、要はもっとボールを均質にして、“このボールじゃないといけない”というようなビンボーくさい「試合球感覚」はなくしたいというのがホンネだ。


※ビンボーくさいといえば、大会で1回戦から、ずーーーーっと同じボールを使わせて、決勝戦で思い出したようにニューボールを出すのはやめてほしい。
できれば1試合ごとにニューボールを使わせてほしいところだ 笑


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/278-4ed192bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。