--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-15

全国七大学総合体育大会

・・・という名前の総合体育大会がある。


北海道大学・東北大学・東京大学・名古屋大学・京都大学・大阪大学・九州大学の国立7大学によって行われる大会で、小生が学生の頃は「国立七大学総合体育大会」と呼ばれていたが、2004年の国立大学法人化に伴って現在の大会名称になったらしい。


これら7大学は旧・帝国大学であることから、以前は「七帝戦」あるいは「七帝」と略されていたが、最近では「七大戦」と呼ぶことを主催者側が推奨しているそうだ。
(そりゃそうだわな。「帝国大学」なんて戦前の話だし、現在の「大学」とはまったく別物だから)


現在は、ほとんどすべての競技が参加しており、その総合点によって総合優勝を決める、いわば国体のような方式をとっているが、実は総合体育大会となったのは1962年のことであり、実はそれよりずっと前から、柔道をはじめとする各種目がそれぞれ個別に七大学の大会を開催していたらしい。


軟式庭球については、先輩方の話によれば、もともとはインカレの終了後に現地に残って開催していたという。
当時から、特に日大・日体大など関東の強豪校にはインカレなどでも歯が立たなかったらしく、似通った境遇の大学が集まって大会を開こうということになったのは、わりと自然な流れではなかったかと思う。


小生が大学に入学した頃、部の最大の目標は明らかにこの「七帝戦」の団体戦に置かれていた。この団体戦が終了した日の夜、現地(開催地は7地区持ち回り)の旅館で幹部交代を行い、その後4年生はリクルートスーツを着て就職活動をスタートさせるのが常だった。


一方、インカレや東日本学生などは、あくまで「有志」によって参加する大会と位置づけられており、小生は「そんなことでいいのか?」と、ずっと違和感を感じていたのだったが。


前置きが長くなったが、先日行われた今年の七大戦(@札幌=北海道大学主管)で、小生の母校が団体戦で男女アベック優勝を果たしたという連絡をもらった。


男子はなんと1990年以来、21年ぶりの優勝。
女子は昨年に続き2年連続の優勝だが、その前に優勝したのは1987年。その間、慢性的な部員不足に悩まされ、不参加とかオープン参加など辛酸をなめてきた。


そして、アベック優勝というのは、小生が大学1年のとき(1982年)以来なので、実に29年ぶりということになる。


一昨年に東京で開催されたので見に行ったのだが、特に男子があんまりな負け方をして愕然とした記憶があるだけに、今回の優勝はなんだか妙にうれしい。


この七大学、たいした選手はいないだろうと思われがちだが、ときどきとんでもない選手がいるのでビックリする。
特に東大は、関東学生リーグで3部にいることからもわかるように、ただものではない選手がいたりするのだ。


小生が大学3年のとき、東大の1年に島根県国体代表の大将だったという選手が入ってきた。
ストローク・サービスともものすごいパワーで、うちの大将はあえなく吹っ飛ばされてしまった。


小生の卒業後だが、インターハイ個人2位という実績を引っ下げて東大に入ってきた常世田くんという選手がいた。彼は、後に北本・斎藤ペアで天皇杯を4回とった斎藤広宣選手の匝瑳高校(千葉)時代のペアだった。


現在シニアの各大会で活躍しており、成年時代には全国優勝もしている松本良彦さん(赤門クラブ)も東大軟式庭球部の出身である。


・・・という話をし始めるときりがないのでこのへんでやめる。


しかし、この七大学OBでテニスを続けている人は相当数いるはずで、OB戦のようなものをやってみたいと考えている人も少なくないと思う。


もしそういう話が具体化したとしたら、学連役員経験者としてはぜひひと肌脱がせていただきたいと思っている。


7dai-ouen.jpg
▲母校のHPから拝借した写真。おそらく七大戦の応援風景。こうやって1本ごとにコートの中に入り、相手選手の神経を逆なでするかのように騒ぎ立てる応援スタイルは昔からだが、最近では沈静化するどころかますますひどくなっているようだ。ソフトテニスのマナーにウルサイ小生としてはすぐにでもやめさせたいが、他大学も一向にやめない状況の中ではなかなかムズカシイらしい。(苦笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/271-d07ab2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。