--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-12

テニスウェアに関する「ヨコシマ」な気持ち

再びファッション関係の話。


小生は、日ごろファッションの動向には敏感ではないし、ましてやファッション雑誌を手に取るなどということも皆無だが、街の中や通勤途中などで他人の服装(特に女性)がこれでもかと無数に目に入ってくるうちに、“ああ、たぶんいまこんなのが流行っているんだろうな”と思わずにいられなくなることはある。


それはたとえば、“デニムのジャケット”とか“アニマル柄”とか、そういう漠然とした流行なのであるが、鈍感な小生でも気がついてしまうというのは、いかに多くの人が同じような格好をしているか、ということの裏返しでもあるような気がする。


最近すごく流行っているんじゃないかと思うのは、“ボーダー柄”だ。


先日、会社で女性社員が固まって座っている席の近くに行ったとき、7人の女性のうち3人が同じようなボーダー柄を着ているのに気がついた。


思わず、“ボーダーが流行ってんなー”と声に出してしまったのだが、一番近くにいた女性がすぐに反応し、キッとこちらを見てこう言った。


“(他の)2人は全身だけど、私は上半身だけですから!”


・・・他人と同じような格好をしていながら、他人と同じには見られたくないらしい。そんなに他人との差別化を主張したいという、文字通り“ヨコシマ”な気持ちがあるのなら、全然違うもの、たとえば縦縞とか、水玉とか、唐草模様とかを着ればいいんじゃないのか?


ちなみに、小生よりはちょっとだけ流行に詳しい人間に聞いてみたところ、ボーダー柄が流行り始めたのはそんなに最近のことではなく、1年くらい前らしいのだが・・・


ソフトテニスウェアを含むテニスウェアというのは、こういう巷の流行というのを多少は意識して作られているのだろうか? と思い、ソフトテニス公認メーカーのカタログなどを少し見てみたが、ボーダー柄というのはほとんどなさそうである。


タウンウェアはタウンウェア、テニスウェアはテニスウェアであって、メーカーとしてはタウンウェアの流行など取り入れる必要はないと思っているのかもしれないけど、さっさと取り入れちゃえばさ、テニスウェアをタウンウェアとして着ることもできるじゃないか。


ソフトテニスウェアがいまいち(というか、かなり)カッコよくないと主張してきている小生が目指す理想的なソフトテニスウェアとは、タウンウェアとしても着ることができ、ソフトテニスプレーヤーではない層からも支持されるくらい、カッコいいものである。


ここで言う、「タウンウェアとしても着ることができ」というのは、レディースのオバさんたちがテニスウェアのままでスーパーに買い物に行く、というようなシチュエーションを指すのではないことは言うまでもない(笑)。


個人的にはボーダー柄は相当好きなほうであるが、そういえばテニスウェアとしてはほとんど持っていない。


小生、テニスウェアは基本的にナイキしかキナイことにしているので、ネットで少し調べてみたら少しだけそれらしいものが見つかった。


nikeborder.jpg



できれば手に入れて、流行が終わらないうちに(笑)区民大会とかで着てみようかと思っている。


コメント

ご無沙汰しております♪

ボーダー柄は、あまり見ませんが、一着だけ持ってます!

ルーセントなんですが、明治大学男子が一瞬だけきていたのをバーゲンで見つけて買いました。

色は








紫と黒!(◎_◎;)

なかなか外で着れません(笑)

埼玉のトレーナーさん

ごぶさたしております。
コメントありがとうございました。

このブログにコメントが寄せられること自体が最近では非常に珍しくなっているので、とてもありがたいです。


ルーセントは、一時期かなり画期的なデザインのウェアを出していたように思います。

2005年ごろのインハイだったでしょうか。
男子団体で東北高校と尽誠学園が対戦したのですが、東北高校が水色と白の縦縞のウェアで、これがたぶんルーセントでした。

対する尽誠学園は、メーカー不明ですが、上が黄色、下が緑色という定番のカナリア軍団だったのですが、この対戦は、さながらサッカーW杯のアルゼンチン×ブラジルのようでした。

サッカーのユニフォームのデザインはいろいろ参考になるかもしれません。

そう言って頂けると気合が入ります(笑)

尽誠のウェアはヨネさんの別注ですね!

そういえば寒河江が縦縞を着てたマガジンがあったような(;゜0゜)

ヨネさんも負けずに今年のインターハイモデルでギンガムチェックのウェアを出してましたけど!(◎_◎;)

年をとってくるとだんだん冒険出来なくなってきますね(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/263-c0a713c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。