--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-12

コート横断行為撲滅作戦

クルマを運転していると、ときどきイラッとさせるクルマに出くわす。

それらはたとえば次のようなクルマたちだ。

◇ウィンカーを出さずに右左折、もしくは車線変更をする。

◇T字路に突き当たって左(右)に曲がるような場合、その反対側、つまり右(左)のほうをまったく見ずに曲がる。


このイラッとする感覚は、試合会場で他人のインプレー中にコートの後方を横切る人々に対して抱く感覚に極めて近いことに気がついた。


これらに共通しているのは、“他者に対する無神経さ”ではないかと思う。


本人たちはおそらく悪気はないのだ。しかし、それが無神経な行為であることに気づいていないということは、知っててわざとやるよりもある意味始末が悪いような気がする。


この、コートを横切る問題については、これまで何度もいろんな場で書いてきたので、繰り返しになってしまうが、どうしてソフトテニスの世界ではこの問題がきちんと教えられていないのか、不思議でしかたがない。
グリップの握り方を教える前に教えてほしいくらいだ。


ソフトテニスの大会が行われる会場は、たいてい後方が金網のフェンスになっており、フェンスの後ろであれば他人の試合中に横切っても特に問題視されることはない。


プレー中の選手にとって目障りである、ということが問題なのだとしたら、フェンスの後ろを横切っていいのであれば、フェンスの手前を横切っても同じなのではないでしょうか?


・・・横切る行為の何が問題なのかわからない人はそう主張するかもしれない。しかし、これは厳密にどの程度目障りなのかが問題なのではなく、単純にテニスの基本的なマナーなのである。そこには理屈の入り込む余地はない。


小生が知っているある成年の選手で、広域大会で優勝を含め常に上位に進出する人がいるのだが、ある大会で他人の試合中にコートの後方を平然と横切っているのを見てしまった。
以来、その選手は、テニスは強いかもしれないが選手としては残念ながら三流だと認定させていただくことにした。


会場となるコートの構造にも若干の問題はあるかもしれない。

よくある公営のコートは下図のようなつくりになっているところが多い。

court1.jpg


つまり、AコートやCコートに入るためには必ずBコート・Dコートを横切らなければいけない。


一方、小生の知っているあるテニスクラブのコートは、こんな感じの構造になっていた。

court2.jpg


つまり他人のコートを横切らずに各コートに入れるのである。
しかも、フェンスの後ろには木が植えられており、プレーヤーからは通路を横切る人が目に入らないようになっているのだ。

狭い土地にできるだけ多くのコートを造ろうとすると、こうした通路のスペースさえ取れないことになってしまうのかもしれないが、今後新しくコートを造るような場合にはぜひこういう構造を検討していただきたい。


前にもどこかで書いたが、公営のコートでソフトテニスをするような場合に、隣で硬式が行われているようなケースはよくあると思う。
そんなとき、硬式の人たちのゲーム中にコートの後ろを横切ったりして、ソフトテニスプレーヤーはマナーが悪いと後ろ指を差されるような真似だけは絶対にしてほしくない。

コメント

そこまでこだわることなのかなぁ、と思います。確かに、突き詰めて考えると横切る行為は辞めた方がいいですが、ソフトテニスの場合は危険度が低い(バウンドが後ろのフェンスに届きにくい)、皆さん鍛えているのでその程度を気にするやつが鍛錬が少ないのだ、と考える、などの理由で後ろを通ることがあまり問題視されないで今までやってきた、というにすぎない話だと思います。もちろん、突き詰めれば、確かによろしくない。
一方、硬式では危険になる。だからこそマナーとして定着した。事情が若干異なるのではないでしょうか。ただし、マナーはマナーとして軟式にも適用して大きな害はないので、いいんじゃないでしょうか。
われわれの地域では、試合で放送で注意していることはありますが、実際困らないので強く言われることはありません。

1つ気になるのが、「横断するからソフトテニスはマナーが悪い」という表現です。
この表現はおかしいと思います。そもそもこのルール自体が言われなければやや気付かされ難いルールではないでしょうか。

例えば、隣のコートでフットサル(フットサルの方、引き合いに出して済みません)やってる人がいたとして、その人たちも危険を感じなければ横断することはあり得るのではないでしょうか。
横断する人がマナーが悪いのではなくて「認知度が低い」「言われてみればそうだ」的なルールといえそうです。
ですので、ソフトテニスプレーヤーはマナーが悪い。なぜなら横断するからだ、という言い方はおかしいです。

一般的に、テニスを知らない人であればラリーの間隙を縫って横断しても良さそうだな、と考える人はいると思います。ソフトテニスプレーヤーだけじゃないはずです。

マナーというと押し付けがましい感じがします。危ないから。得点へ影響する恐れがあるから、で十分では?

ちなみに、横断撲滅には賛同です。

硬式テニスのマナーであり、ソフトテニスには該当しないという反論は明らかに誤解で、間違ってます。
これは「テニスコートのマナー」です。

フランス料理屋で、ちょっと和風なものが出てきても「箸」を要求するとか、イタリア料理屋でスープパスタだからといって、音を出してすすっていいというわけではありません。

なんで、反論がでるのか不思議です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/234-66bdb121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。