--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-24

ソフトテニスの放送技術

昨日、NHK教育テレビで天皇杯・皇后杯の録画放送があった。


小生、録画して繰り返し見ているのだが、特に男子決勝においてボールの軌跡がほとんど見えないという事態が発生していた。


この天皇杯・皇后杯の決勝を、録画放送とはいえ、NHKがコンスタントに放送してくれるようになったのは何年前からだろうか。
そのこと自体、非常にありがたいことなのであまり文句を言うつもりはないのだが、今年に関しては、本当にボールが見えなくて参った。


NHK側も撮影した後に、あまりのボールの見えなさに驚いたと見えて、放送中に「コートの色との関係でボールが見えにくくなっています」という異例のテロップを入れていたが、小生に言わせれば、これはコートの色との関係などではない。ごく普通のオムニコートなのにそんなことを言われてしまっては、全国どこに行ったって同じことがおきるはずだ。


今回は光線の問題、つまり逆光に近い状態で撮っていたことの影響が大きいのではないかと思っている。


今回の放送でボールがほとんど見えなかったことについて、ソフオンのブロガーさんの間でも若干のコメントが出ているようだが、ではどうすれば今回の問題を改善できたのだろうか。


じすた君が「そこに違う色のボールがあったのか?」と題するブログで語っているように、カラーボールを使ったらどうかというのは一つあると思う。ただ、カラーボールというのは現在、イエローとピンクしかないはずで、そのような淡色のボールを使ってもほとんど結果は変わらなかったのではないかという気がする。


極端な話、ソフトテニスのボールがもし黒だったとしたら、あるいは、さすがに黒ではないとしても、赤とか紺とかの濃い色だったとしたら、放送に耐えうる(=ボールの軌跡が見える)のではないか、誰かそのような可能性を追求したことがあるのか、そのへんの話をご存じの方がおられるようなら、ぜひ教えていただきたい。


一方で、ボールの色がいきなり黒とか赤とかになってしまったとき、プレーヤーとしてはどんな気持ちになるのか、たとえばビリヤードとかゲートボールをやっているような気分にならないのか、ということについては、いろんな層のプレーヤーに聞いてみたい気がするが、とにかく、テレビ放送をしたときにボールが見えないというようなお粗末な事態だけは一刻も早く改善したいと思う。


あとは放送局の問題だ。


NHKにしても、ああいう言い訳のようなテロップを出してお茶を濁すのではなく、なぜここまでボールが見えなくなってしまったのか、どうすればそれを解決できるのか、プロとして徹底的に追求してほしい。

コメント

私はテレビ放送を見ていないので、
意見を言える立場ではないのかも
しれませんが、少し書かせて
いただきます。

テロップを出すくらいですから、
NHKもこれはおかしな映像だぞと
気づいていたことになります。

果たして放送に耐えうるもの
だったのでしょうか。
売り物にならないものを堂々と
販売して通用する世界がどこに
あるのでしょう。
放送中ずっとボールが見えてない
ような状況だったら、放送しない
ほうがよかったのではないか
・・・くらいに思います。

あるいは、もしかしたら、
撮影時にカメラの位置を指定されていた
のかもしれません。(インターハイなどで
あったように、すでにカメラ用のやぐらが
組まれていたとか)
もしそうなら、どうしてそこが逆光の
位置だと、始めからわからなかった
のでしょうか。
地元の人なら、わかるはずです。
どうして反対側から撮影できなかった
のでしょうか。

決勝ですから、おそらく一日のうちでも
午後遅く、夕陽が目に入る時間帯だった
のかもしれません。
もし私が選手だったら、そんな時間に
カラーボールを使うのはやめてほしいです。
白いニューボールがいちばん見やすく
適していると思います。

選手にとってボールが見やすいか
ということと、
テレビ放送を見ている人にとって
ボールが見やすいかの優先順位は、
「選手にとって見やすいほう」が上位に
くるべき、くるはずだと思うのですが
・・・。

昨年や以前の放送ではボールは見えて
いたわけですから、撮影の際に何らかの
問題があったはずです。

現在のデジタル技術のようなもので、
もしも見えるように加工できるのなら、
ぜひ加工したものをあらためて放送して
いただきたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いやー、
こういう意見が欲しいんですよね。

冬にアナタさんに議論をして勝てる見込みは薄いですが、大切なことは問題を提起し、反論を重ね、ちょっとだけでもいい方向に向かうようにしていくことだと思うんです。
拍手だけでしかもらえないっていうのは、大げさにいえば、恐怖すら覚えます。

とりあえず、お互いに「分かり易いことを追求する媒体」に関わる仕事をしているので、「分かりにくい、見えにくい」ということに関してはこだわりがあるかもしれませんがねぇ(笑)

少しだけ気づいた点を記載します。
この全日本も含め、TV放映に対して、TV映りをよくするためにオムニコートの砂が取り除かれています。初めてそのことを知ったとき大変驚きましたが(選手よりTV放映が優先されることに)、そういう意味では、そのときだけ(最終日だけ)ボールの色が変わるというのもありなのかも知れないな~と思いました。
確かに今回見難かったですが、といって、いつもの映像が見やすいわけではなく(私の視力の問題かも知れませんが)、ボールの色を替えるのは、TV栄えという点で必要なのかも知れませんね。とりとめなくてすみません、もっとソフトテニスがTV放映されることを望んでいる一社会人からでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/232-873ff7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。