--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-21

「NCPE」から「NSSU」へ

先日、区の恒例行事である「スポーツまつり」というのが行われているというので、会場である区の総合運動場に行ってみた。


会場では、さまざまなスポーツの体験コーナーがあるほか、ウルトラマンショーとかフリーマーケットなどもやっていて、ビニールシートを敷いてちょっとしたピクニック気分でおにぎりなどを頬張っている家族もたくさんいた。


あるアトラクションでは、女子大生たちが揃いのポロシャツを着てお手伝いをしてくれていたのだが、胸のマークが見慣れた校章であったことから、彼女らが日体大の学生であることはすぐにわかった。


ところが、である。


そのポロシャツの背中には「NSSU」と染め抜かれていたのだった。


その近くに「Nippon Sport Science University」と書かれていたので、NSSUが何の略なのかは理解できたのだが、小生の記憶が正しければ、日体大の英文表記は「NCPE(Nippon College of Physical Education)」ではなかったか。


小生が学生の頃は少なくともそうだった。日体大の選手が着ているグラコンやウェアには、たしか「N.C.P.E」と刺繍が入っていたはずだ。


これがいつ「NSSU」になったのか調べてみたら、なんと1996(平成8)年のことらしい。


「スポーツ科学を研究する総合大学への改革を推進」した結果らしいのだが、スポーツ科学という限定された分野を研究する「総合大学」という言い回しには、かなりの矛盾があるのではないか。


「University」と「College」の違いについては、辞書によれば、前者が「総合大学」、後者が「単科・分科大学」との訳がある。
日体大は明らかに後者のほうだと思うのだが。


小生が学生のときに見た「N.C.P.E」という刺繍には、ある意味日体大の一流感と凄味が感じられたのだが、「NSSU」となると、不思議なことにそういう印象がまったく持てない。簡単に言うと強そうじゃないのである。


しかし今回ショックだったのは、14年も前に「NSSU」になっていたにもかかわらず、小生がこの14年間それをまったく知らなかったという事実だ。


これからはもう少しそのあたりのアンテナを高く張っておきたいと思った次第である。


(余談)
先日、区のミックスに出たとき、若年層の部で、背中に「NITTAIDAI」とプリントされたウェアを着ているペアが出ていた。


「わーっ、こんな区民大会の場に日体大が出てきてはひとたまりもないわなあ。カタギの世界にヤクザが出てきてはいかんぜよ」などと思ったのだが、ちょっと目を離したすきにいつの間にかそのペアは敗者審判をやっていた。


「NITTAIDAI」とプリントされたウェアは、もしかして人から譲り受けたウェアか、もしくは日体大の売店に行けば誰にでも買えるウェアなんじゃないの?と思ってしまった。


あるいは、「NITTAIDAI」というのは、実は「日体大」ではなく、「新田(にった)」という地名の土地にある医科大学、すなわち「新田医大」のことなのではないだろうか。それならテニスがいまいちでも納得できるというものだ。


・・・くだらない話をすみません。

先日の天皇杯決勝の4人のうち3人が日体大OBだったようで、本当におめでとうございます。
今後も日本のソフトテニス界をグイグイとリードしていただきたいものです。

コメント

ご無沙汰しております

今更ではありますが、やっとこの記事にたどり着いて思いっきり頷いております。

因みに私の時代はNPECでした(笑)

埼玉のトレーナーさん、ごぶさたしております。
コメントありがとうございました。

揚げ足を取るわけではないんですが、「NPEC」ではなく「NCPE」ですよね?(笑)
・・・やはりアルファベットによる略語は4文字を超えると覚えにくいかもしれませんね。

そこが日本体育大学なんです

その当時は英語のofなんかつけずにそのままnippon physical education college

と呼んでました(; ̄O ̄)

30年以上前ですが(笑)

そうですか・・・

略称がクルクル変わってしまうと、それはそれで戸惑いますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/231-2b4cb602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。