--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-09-11

ブログによる提言・批判・罵詈雑言(?)の世界

不本意ではあるのだが、連盟の対応に関する辛口コメントを続ける。

ソフオンブロガーの飲み仲間である、じすたくんの最近のブログが妙に納得感のあるものだったので、少しコメントしてみたいと思った次第。


 ・ちょっと、おかしいだろ? http://xystapinkfakepart2.blog103.fc2.com/blog-entry-53.html 

 ・日程についてのコメント  http://xystapinkfakepart2.blog103.fc2.com/blog-entry-54.html


今回のじすたくんの提言は、Aという大会とBという大会があって、Aという大会に出られるためのポイントを貯める大会の一つがBという大会である、という関係にあるのに、なんでそれが同じ日に開催されるわけ? という素朴な(?)問題提起である。

ちなみにこの場合、Aが全日本社会人、Bは東京都の級別大会 である。


平日に開催されることが多いママさんの大会は別として、土日祝限定で開催される一般の大会は、どうしてもどれかが重なってしまうことがあるのだろうとは思う。

それが例えば「天皇杯」と「区民大会」のような関係にあるならば、ほとんど問題にならないだろう。

しかし、例えば今回のように二つの大会の間に何らかの関係があるケースは、非常に厄介な問題を孕んでいることになる。

また、このほかにも、これはポイントなどとは関係がないのだが、今年の東京都ミックスと某区の団体戦はモロに重なっており、両方出たいと思っていた小生を悩ませているのだった。


ところで、このじすたくんのブログに、連盟の関係者であるヤマさんから、

「東京理事会の競技委員会でも後期日程で重なっていることが指摘され、すでに協議されています。」

とのコメントが入ったそうな。

ということは、やはりじすたくんが指摘するまでもなく、連盟も認識していたということだ。(まあ、当然だわな)

問題はいつの時点で認識していたのか、ということだが、もし日程を発表する前からわかっていたのなら、最初から大会要項に、

 「今回は会場確保の関係上、やむをえず、上位大会である○○大会と重なった
  かたちでの日程とさせていただいております。あらかじめご了承ください
  ますようお願い申し上げます。
  なお、ポイントに関しましては・・・(後略)」


といったコメントを添えてくれるだけで、選手たちの受け止め方はまったく変わっていたのではないかと思うのだが、それを、何ごともなかったかのように黙って発表するやり方には、気づく人は気づくかもしれないが、気づかない人は気づかないだろうという、ある種の“作為”すら感じてしまうのだ。


大会を運営している役員の方は本当に大変だと思う。

小生も学生時代に地方学連の役員をやっていたので、その苦労はわかっているつもりだ。(地元連盟の協力を得られず、やむなく平日開催を敢行し、批判を受けた話はこちらを参照ください)

ただ、大変だから、ボランティアでやっているんだから、いい加減な運営が許されるというものではないことは、言うまでもない。

大会の日程が重なることのほか、たとえば、大会会場が複数の場所に分散してしまうなど、選手や観客(この“観客に対する配慮”は案外忘れられがち)に不利益を与える事情が不本意ながら発生してしまう場合は、“炎上”してしまう前に、誠意をもった対応策を実行することが、今後ますます求められるのではないだろうか。


じすた君の今回のような提言は、やはりブログだからできることではないかと思っている。

最近、ソフトテニス関連のブログが増えてきているような気がするが、「○○に行ってきました」などという絵日記のようなものがほとんどで、それだったら140字限定のツイッターで十分なんじゃねえの?というのは余計なお世話か。
字数制限のないブログだからこそ、いろんな提言が期待できるのであり、小生もほとんど読者のいないこの拙いブログではあるけども、地道にいろんな提言(ときには批判、まれに罵詈雑言 笑)をしていきたいと思う次第である。

コメント

ソフトテニスは実力的にハイレベルな中間層が多く、大会を開催できるテニスコートや、大会運営に関わるマンパワーが決して多くないという事情もあるのだと思います。
大会の準備も考えるとボランティアに依存するのでなく、大会を運営する連盟などは潤沢な資金があるわけでないので、それなりの報酬を出せる程度の参加費を払って関係者に報いることも必要だと思うことがあります。


このブログをソフオンアンテナをとりあげるかどうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/227-1b3559ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。