--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-16

小惑星探査機「はやぶさ」とソフトテニスの意外な接点

小惑星探査機「はやぶさ」が、約60億キロ、7年間に及ぶ宇宙の旅を終えて地球に帰ってきたというニュースを知った。(小生、恥ずかしながら、そんな探査機が宇宙を飛んでいることなどまったく知らなかった・・・)

新聞には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名誉教授による次のようなコメントが載っていた。

=============================
はやぶさプロジェクトに詳しい的川泰宣・宇宙航空研究開発機構名誉教授の話

 すごい偉業をなし遂げた。はやぶさは工学実験探査機としてやれることはすべてやりとげ、日本の技術がこの分野で世界トップだということを証明した。
 閉塞感漂う現在の日本で、このプロジェクト上の成功は高い目標を持つ大切さを改めて教えてくれた。仕方がないとはいえ、はやぶさ(本体)が(大気圏突入時に燃えて)なくなってしまったのは寂しい。
=============================

「すごい偉業」という言い回しが日本語として正しいのかどうかはさておき、この「的川泰宣」という人の名前に、確かな見覚えがあったため、ネットで検索してみるとすぐに出てきた。


この方は、東京大学軟式庭球部(当時)の監督も務められた方で、1987年には元・インカレチャンピオンで立教大OBの石橋弘さんという方と共著で『軟式テニス 上達の科学』(同文書院)という本を出版しておられるのだった。

実は小生、この本を持っていたので、そこに書かれている的川先生のプロフィールを転載してみたい。

=============================
◆的川 泰宣(まとかわ やすのり)
 1942年、広島県生まれ。1965年東京大学工学部卒業。
 東京大学の軟式テニス部史上最強の後衛と言われ、東京六大学全勝など輝かしい戦績を持つ。現在、東京大学軟式テニス部監督。
 ロケット・人工衛星等の軌道工学を専攻し、宇宙科学研究所助教授として、ハレー彗星探査をはじめとする宇宙科学の最前線で活躍中。工学博士。著書に、『ハレー彗星の科学』(新潮文庫)、『ハレーに挑む』(同文書院)、『ハレーすい星のなぞ』(ポプラ社)、『宇宙の実験室──人工の星たち──』(岩崎書店)、『宇宙ロケット』(学研、共著)など。
=============================

いやー、すごい人が「はやぶさ」に関わっていたものだと、驚かざるをえない。また、東大という大学の軟式庭球部もすごい人を監督に戴いていたものだと、これまた驚嘆に値する。

ところで、的川先生は1942年生まれということだが、この本が出版されたのが1987年だから、当時45歳だったということか。現在の小生よりもやや若いわけで、これについては、驚くというよりは、自分の社会的貢献度のなさに呆れるばかりである。


この本の表4(裏表紙)には、1978・1979年の天皇杯チャンピオン・若梅明彦氏による「自信をもって本書を勧める」と題する推せんの言葉がある。

また、本の中では、若梅氏のほか、田中弘・文違菊代・桜井ひろ子・塩崎立子という、オールドファンには懐かしい各選手による連続写真が使われている。


joutatsunokagaku.jpg

▲『軟式テニス 上達の科学』の表紙。左上に書かれているイラストは、なぜかニュートンの似顔絵。


世の中には数多くのスポーツがあれど、ロケット工学を手がけるほどの科学者が指導書を執筆・出版するような競技は、めったにないのではないか。

同じ競技に携わる者の端くれとして、非常に誇らしく思う瞬間なのだった。

コメント

まいりました!

的川先生にも驚きましたが、
的川先生に気づいた冬のアナタさんにもまいりました・・・。

よくそんなネタを仕込んでますね…もっと有効活用したら今頃、政治家か実業家にでもなってるように思いました。

ほめてます!

コメントありがとうございました。

>ぴーさん
的川先生に気づいたというか、名前を見てビビビと反応しただけなんですが・・・
ヘンなこと(?)ばかり覚えているので、なかなか新しいことを覚えられません。

>じすたさん
というわけで、ネタを仕込んだわけではなく、たまたまそういう古びた「ひきだし」があっただけなのです。
また何か、ヘンなネタがあったら披露したいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/220-f2c8e727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。