--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-05

エッジガードテープが役に立たない話

ウッドラケットを使っていた頃は、エッジガードテープを使おうという発想そのものがなかったが、何年か前にナロオリジナルラケット「NR-1」を手にしたとき、フレームがきれいなホワイトであったことから、これを傷つけたくないと思い、初めてエッジガードテープを使い始めた。


初めて使ったのは、K社のエッジガードテープ。
これはウレタン製で、伸縮性があり、フレームのカーブにもピタッとフィットした。
おまけに無色・透明・ツヤなしで、邪魔なロゴなどが一切入っていないため、見た目にはテープを貼っていることがわからない点が気に入ってしばらく使っていた。


ところが、このテープには一つだけ欠点があって、剥がしたときに、糊(接着剤)がラケットの側にかなり残ってしまうのだった。


そんなこと気にせずに、その上からまた新しいテープを貼ればいいのかもしれないが、こういうところで妙に神経質な小生は、トルエンのような溶剤を使ってこの接着剤をていねいに落とさないと気がすまない。しかし、この作業は案外大変で、毎回かなりしんどい思いをした。


次に使ってみたのが、D社のテープ。
これはかなり期待はずれで、まず、貼って間もないのに、端のほうから剥がれ始めてしまう。
また、K社のテープと同様、接着剤がラケットに残ってしまうという難点があり、しかもそれが相当頑固に残ってしまうため、K社の場合に比べ、接着剤を落とす手間が3~4倍はかかってしまうのだった。


その次に使ってみたのは、「IGNIO」というブランドでソフトテニスラケットも発売しているJ社のテープ。(余談だが、この「IGNIO」というブランドのラケットをご存じだろうか。スポーツ用品量販店などによく置いてあるブランドだが、ちゃんと日本ソフトテニス連盟公認なのである。おそらく中学で初めてソフトテニス部に入るような生徒をターゲットにしているのだと思う)


これもD社ほどではないが、わりとすぐに剥がれ始める傾向があった。
あーあ、これもダメか、とガッカリしてテープを剥がそうとしたところ、なんと、


 ラケットの塗装が一部ベリベリと剥がれてしまった


のだった。


かわいそうに、先日買ったばかりのマイラケットは、「Diacluster」のロゴも判読できないくらいに大きく傷ついてしまった。

edge.jpg

▲無残に塗装が剥がれたマイラケット


ラケットのフレームを保護するためにエッジガードテープを貼っていたつもりだったが、これでは何のために貼ったのかわからなくなってしまった。


という“事件”が起きたのが先日の関東選手権の直前。もうどうでもよくなってしまった小生は当分の間エッジガードテープなしで臨むことにしたのだった。


というわけで、次のような条件を満たすエッジガードテープをご存じの方がおられましたら、ぜひ教えていただきたい。


1、フレームにピタッとフィットし剥がれにくい。
2、剥がしたときにフレームに接着剤が残らない。
3、無色・透明でロゴなどは一切入っていない。


大会会場などで、ほかの選手のラケットをチラ見してみると、エッジガードテープを貼っている人は案外多いが、貼ってから5年くらいたっているんじゃないかと思えるくらい、貼りっぱなしのままボロボロになっているケースも案外多い気がする。

エッジガードテープはそもそもそんなに頻繁に取り替えるものではないのか?

だんだんわからなくなってきた・・・

コメント

無色透明で接着剤が残らないエッジガードは無いと思います。
薬品で接着剤を落とすとラケットを傷めるのでやめた方が良いと思います。
エッチガードを張るときにドライヤーをかけながら張るとはがれ難くなります。

えーちゃんさん、コメントありがとうございました。

やはりトルエンなどで接着剤を落とすのはよくないのかもしれませんね。
塗装が剥がれてしまったのは、ラケットの塗装が甘かったわけでも、エッジガードテープの接着剤が強すぎたわけでもなく、小生が自らトルエンで塗装を少しずつ剥がしてしまったのが原因なのでしょう。
ドライヤーを使うというのは勉強になりました。ありがとうございました。

こういうのうちの会社得意かも…商売になるかも。

これで良く研究なんていえますね。
IGNIOは量販店すべてにあるわけではなく株式会社アルペンの自社ブランドです

まだ甘いですね

Re: タイトルなし

タコス様

こんな昔の記事にコメントをお寄せくださりありがとうございました。

実は私はアルペンの株主なのです。
したがって、IGNIOがアルペンのブランドであることなどは、貴殿から
講釈されるまでもなく百も承知です。

アルペンのドメインからこのような投稿をいただいたことについては、
すでにアルペン本社に報告済みです。

本社から貴殿にさまざまな調査が入るまで、いましばらくお待ちください
ますようお願いいたします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/218-a667b0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。