--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-31

恐怖の審判体験

試合中、選手をアクシデントが襲うケースはときどきあります。

 “足がつった”

とか

 “ガットが切れた”

とか、そういうことですが、審判をしている者にアクシデントが訪れることは、そうめったにないのではないかと思います。

ですが、先日、審判をしているぼくの身の上に降りかかってきたアクシデントは、普通ではなかなか体験できない類のものでした。

6月に行われた日本マスターズ都予選のときのことです。

予選リーグの最終戦、ファイナルの末に敗れてしまったぼくらのペアは、敗者審判として、続く準決勝の審判をすることになりました。
この日は途中から天気が崩れ、小雨の中での試合だったのですが、ぼくらの最後の試合あたりから雨足はかなり強くなってきていたのです。

準決勝の審判では、ぼくが正審を務めたのですが、このままではぼくというより、ジャッジペーパーがグチョグチョに濡れてしまうということで、最終的に優勝した「ビールおじさん」が、誰かから傘を借りて審判台まで持ってきてくれたのでした。

余談ですが、傘を差しながらの正審というのは、実際にやってみるとわかりますが、必要以上に傘を深くかぶってしまうとロビングのボールを見失ってしまうので、傘の“ひさし”というか、前の部分をある程度高く上げるようにして傘を差す必要があるのです。

話を戻します。
直前にファイナルをやってしまったこともあり、審判をやっている間も汗がダラダラと流れ落ちてきます。おまけに雨が降っているので、傘を差しているとはいえ、汗なのか雨なのかわからないビショビショの状態に陥っていました。

首筋を大粒の汗が流れ落ちていくのがわかります。
が、あるとき、今までとは明らかに違う大きさの“汗”が流れていったのでした。

ぼくは思わずエンピツを持っていた手で首筋をぬぐったのですが、そこには明らかに汗のような液体とは違う感触があったのです。

手にくっついてきたそれをよく見たら、それはなんと、

  10cmくらいの長さの ムカデ でした。

mukade.jpg
▲イメージ画像

あわててそれを振り払い、ムカデは審判台の下に落下していきましたが、よく考えるとこんな話はめったにないのではないでしょうか。
おそらくその貸していただいた傘の中に潜んでいたのでしょう。

幸いにぼくはそんなに虫の類が苦手ではないのですが、これが虫が大嫌いな女の子だったりしたら、どんなことになっていたかと思うとゾッとします。
コールをしながら、

  “アドバンテージ レシー・・・ギャアーーーッ!
などと叫んで気を失い、傘とムカデと一緒に審判台から落下していたことでしょう。


今回の経験で、有明テニスの森公園というところも、意外に自然が豊かだということがわかりました(笑)

コメント

雨の中での審判、おつかれさまでした。

有明の自然は結構イケてますよね。
有明の「ありんこ」、おっきくてしっかりしてます・・・。

出場していますね~。

我が社の女子トイレにも洋式個室にもムカデがいました。発見した女子が駆除依頼に飛んできました。

『どんなもんか?』と思って見ましたが、極々小さなムカデでした。我が社の自然も捨てたものではないなぁ~、と(苦笑)

申し訳ゴジャリマセン
(>_<)

傘は私のですが、ずっと受け付けそばに置いていたのです。

そんなコトとは知らず、試合に専念してました。

恐怖体験を与えて、申し訳ございません。

お詫びに暑気払いに行きましょう。

みなさん、コメントありがとうございました。

>ぴーさん
有明テニスの「森」と名乗っているくらいなので、さすがに緑が豊かなんだな、ということに今さらのように気がつきました。埋立地だなんてことが信じられないくらいです。
「ありんこ」を見たことはありませんが、今度じっくり「観察」してみたいと思います。

>べちさん
ということは、べちさんは女子トイレに侵入したのですね??? もしかしてムカデよりも罪深いかも(笑)
女子は、普段はバカにしているくせに、害虫の駆除とかそういう話になるといきなり男子に丸投げしてくるので困ります。わが家でもたまにゴキブリなど現れようものなら大変な騒ぎになります。

>ビールおじさんさん
傘がビールおじさんさんの持ち物だとは知りませんでした。どなたから借りてきてくださったのだとばかり思っていました。
しかし、普通に傘を立てかけておいただけでムカデが入ったりするんですね。やはり有明恐るべし、です。
近々また飲みにいきましょう。

女人監視の元、駆除のため『進入』しました。アッサリ駆除完了。

地元コートの話し。
雨上がりにコンクリートにラケットを立てかけておくと、グリップがダンゴ虫の餌食になります。コンクリートの穴のクリエーターはダンゴ虫のようですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/170-c6b7b5b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。