--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-07-10

飛んでイスタンブール

昨日、地元の小学校の体育館で「庄野真代コンサート」が開かれるというので行ってまいりました。
残念ながら会場は空席が目立っており、来ているのは大半が冬のアナタと同世代と思われるお母さんたちでした。


1曲目はいきなり「中央フリーウェイ」です。なんだ、ユーミンの曲じゃないかと思いましたが、あとで調べてみると、1977年にすでに歌っていたんですね。


2曲目は待ってました「飛んでイスタンブール」です。本人も言ってましたが「飛んでイスタンブールの庄野真代」と形容されることが多いそうで、それほど彼女を代表するヒット曲だったということでしょう。


 ♪いつか忘れていった こんなジタンの空箱
  ひねりすてるだけで あきらめきれるひと


いやあ、懐かしい!懐かしすぎる!!
これが1978年の歌だということなので、もう27年も前になるのか・・・


自分としてはこの「飛んでイスタンブール」もいいけど、「マスカレード」とか「Hey Lady 優しくなれるかい」なども忘れられません。
この「Hey Lady 優しくなれるかい」はポーラ化粧品のCMソングだったのですが、時を同じくして資生堂が「不思議なピーチパイ」(竹内まりや)、カネボウが「唇よ、熱く君を語れ」(渡辺真知子)を起用、「化粧品3部作」として一世を風靡したのは記憶に新しいところです。(と言ってももう四半世紀も前のことですが・・・)


アンコールも含め、およそ1時間半のコンサートでしたが、昨日から冬のアナタの脳裏をこの「飛んでイスタンブール」の“替え歌”がグルグルと渦巻いております。


 ♪飛んで エヌワンボール


   ヘソに刺すのが ルール


・・・何でも替え歌にしてしまおうという性格、そろそろ何とかしたい・・・


▼庄野真代が助手席に乗って現れたクルマ

050709_123706.jpg

コメント

なんでも替え歌にする・・・
一種の病ですな 笑

明日はへばりの月曜日…
庄野真代ふぇちのべちでした。
じすたさん、過去歌研究は急務です!ヨロシク!

そ、それにしてもなぜ小学校の体育館・・。

赤エムの方がひがむかも(笑)
冬のアナタさんが書いている曲全て、
自分で製作した「ベストヒット歌謡曲」のカセットに入れていました(笑)

たしかに「一種の病」です。しかも特効薬が見当たらない・・・
ぴーさんから「なぜ小学校の体育館?」と聞かれていますが、なぜなんでしょう? ぼくもわかりません。たしかに体育館の舞台でのコンサートは学芸会のようなたたずまいでありました。
ただ一つ言えることは、彼女はこの小学校から歩いて10分くらいのところに住んでいるらしいということです。
このコンサートは入場無料でした。おそらくノーギャラなのではないかと推測します。
彼女は昨年の中越地震の被災地・山古志村を訪ねてチャリティーコンサートなどもやっているそうで、今回のコンサートでも、そのときに歌ったオリジナルの歌が披露されました。

冬のアナタと青春をともにしていた者です。
彼女は昨年はロンドンに留学していて、ロンドンでもチャリティーコンサートを開いていました。海外にいる人向けには定番らしいのですが、「ふるさと」なんかも歌って、皆の郷愁をさそってました。「ウサギ追いし、かの山。。。」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/17-3ee38657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。