--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-12

ソフトテニスプレーヤーを見極める

平日か休日かを問わず、駅や電車の中などでラケットバッグをかついでいる若い人を見かけることがありますが、ぼくはそんなときつい、その人の服装や体型、そしてラケットバッグのブランドなどから、「この人はどこでどんなテニス生活をしているんだろう」と想像してしまう癖があります。

ある元・トップ選手のブログのトップに「ソフトテニスが好きな人に悪い人はいないって言うじゃないですか」との一文があります。ぼくの実感では、ソフトテニスをする人でもイヤな人間はたくさんいる(いた)と思うのですが、ではいい人か悪い人か、と聞かれたら、硬式・軟式を問わず、たしかに悪い人はそんなにいない(いなかった)んじゃないかという気がしています。

というわけで、ラケットバッグを持っている人は、なんだかみんな仲間のような気がして、男女を問わずちょっと話しかけてみたくなることさえあります。硬式も軟式もそこそこやるぼくとしては、その人がどちらをやっていたとしても、ある程度話が合うような気がするのです。
もっとも実際には、これまで、ラケットバッグを持っているというだけの理由で、見ず知らずの人に話しかけたことなどはないのですが。

ずいぶん前のことになりますが、ソフトテニス・オンラインのふくだヴォスブログのコメント欄に、「持っているラケットバッグのブランドから、ソフトテニスプレーヤーかどうかを見極める方法」のようなものを書いたことがあります。
そのとき何を書いたのか正確には思い出せませんが、ぼくの感覚がそれほど変化しているとも思えませんので、あらためて独断と偏見で書いてみたいと思います。


【A】ソフトテニスプレーヤーである可能性が極めて低い
 ・セルジオ・タッキーニ(SERGIO TACCHINI)
 ・ディアドラ(DIADORA)
 ・バボラ(BABOLAT)
 ・ブリヂストン(BRIDGESTONE)
 ・フィラ(FILA)
 ・ヘッド(HEAD)
 ・フォルクル(VOLKL)
 ・ボースト(BOAST)
 ・その他テニスショップブランド(パンダハウス、セントクリストファーなど)

【B】基本的には硬式だが、意表をついてソフトテニスかもしれない
 ・プリンス(PRINCE)
 ・ダンロップ(DUNLOP)
 ・ナイキ(NIKE)
 ・アディダス(ADIDAS)
 ・ウィルソン(WILSON)
 ・エレッセ(ELLESSE)

【C】まずソフトテニスプレーヤーと考えて間違いない
 ・ミズノ(MIZUNO)
 ・ルーセント(LUCENT)
 ・ゴーセン(GOSEN)


いかがでしょうか?
ちなみにぼく自身は【B】のナイキでございます。

ところで、もうお気づきのことと思いますが、上記の分類には重大なブランドが欠落しております。
天下のヨネックス様です。

あえて上記には書きませんでしたが、分類するとしたら、

【D】判別不能
 ・ヨネックス(YONEX)

となります。
このブランドは、硬式かソフトテニスかわからないどころか、もしかするとバドミントンかもしれない、という可能性も秘めた謎の(?)ブランドなのです。


余談ですが、あるとき電車の中でヨネックスのラケットバッグを持っているオバさんを見かけました。(こういう場合は、ぼくは話しかけてみたいとは思いません 笑)
ヨネックスなので、硬式か軟式かわからないわけですが、そのオバさんがもう一方の手に持っていたシューズケースには、次のように書いてありました。

 “NARO 20th Anniversary”


「みぃ~つけた!」

・・・思わずほくそ笑んでしまったのは言うまでもありません。 

コメント

こんばんわ

はじめまして!
面白くてついコメントしてしまいましたi-237
ちなみに私は[C]のMIZUNOです(^^)
先日、夜、レストランでバイト中ハイジャパの出場記念キャリーを持った人を見かけてついつい話しかけてしまうとこでした(笑)

No title

おはぎさん、はじめまして!・・・でよかったですね。
コメントありがとうございました。
やはり話しかけたくなりますか(笑)
ハイジャパのキャリーを持っているということは、まず間違いなく出場した本人か関係者であるわけですから、話しかけちゃってもいいのではないでしょうか。
・・・って、バイト中にそれやると店長にオコられちゃうんでしょうね(笑)

No title

ゎたしも!よく見極めようとしてます!!!笑
微妙なライン(硬式か軟式かバドミントンか)は
シューズをチェックして判断してますっ(笑)
ちなみにゎたしのキャリーはルーセントです~♪

No title

ぉまみさん、コメントありがとうございました。
たしかにシューズも“見極める”ための重要な情報ですよね。
で、シューズのブランドも概ねラケットバッグの分類とほぼ同じと考えてよいのではないかと思います。
アシックスのように、バッグは作っていない(と思われる)ブランドは多少悩みますが。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/144-0d2fdc54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。