--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-09

世界のナベアツ・ソフトテニスバージョン

最近やたら出まくっているので、もう知らない人はいないと思いますが、「世界のナベアツ」になぜかハマってしまっている今日この頃です。

数を1から順番に数えていって「3の倍数」か「3がつく数」のときだけアホになりますという、いたってシンプルなネタです。単に「1、2、3・・・」と数えていく基本バージョンのほか、月の名前を英語で「January、February・・・」と数えていくなどの変形バージョンもありますが、いずれの場合も3でアホになる点は同じです。すぐに飽きられてしまいそうなものですが、結構何度見ても笑えてしまうのが不思議です。

子どもの頃、これに似た遊びを聞いたことがあります。みんなで輪になって1から順番に英語で数を言っていくのですが、「7の倍数」か「7がつく数」のときは黙って「ポン」と手を叩かなければいけません。間違えた人には罰ゲームが待っているというものです。
世界のナベアツの芸はこれにヒントを得たのかもしれません。

さて、この世界のナベアツのネタをソフトテニスに応用しない手はありません。(なぜだ?)
ファイナルゲームの正審になったつもりで、以下を読んでみましょう。
カウントに「3の倍数」か「3がつく数」が含まれているとき(黄色の大きな文字)は、アホになってください。

それではスタート!

==============================

「1-0(ワン・ゼロ)」

「2-0(ツー・ゼロ)」

「3-0(スリー・ゼロ)!」

「3-1(スリー・ワン)!」

「3-2(スリー・ツー)!」

「3-3(スリー・オール)!」

「4-3(フォー・スリー)!」

「4-4(フォー・オール)」

「5-4(ファイブ・フォー)」

「6-4(シックス・フォー)!」

「6-5(シックス・ファイブ)!」

「ゲームセット」

「ただいまの試合は、ゲームカウント4-3(フォー・スリー)!で○○・○○ペアの勝ち」

==============================

テレビの前の子どもたちは決してマネをしないでくださいね。


・・・ったく、今夏シニアになろうってぇのに、何くだらないこと書いてんだか。


それではまた。 オモロー!

コメント

さすが!

さすが、冬のアナタさんだ・・・と笑ってます。
そういう私も、授業にナベアツを使ってますよ。
人数確認の今までは「通し番号、始め!」に
「3の倍数はアホで、5の倍数はイヌにならなんとよ」と付け加えています。
3の倍数は生徒たちから大人気です。
ちなみにこんなアホな事をやっているのは・・・もちろん私だけです。

No title

爆笑しました。
いろいろなことを見聞きした際に
「ソフトテニスではどうかな?」と思うことは多いのですが、
まさかナベアツでこうくるとは思いもよりませんでした(爆)
さすがです。
年齢のことなど気にしないで下さい!
今年からシニアということは
3の倍数ですね(笑)

No title

アホなブログにコメントありがとうございました(笑)
>えりっちさん
わあ~っ! えりっちさんが最初にコメント寄せてくださるとは思ってもいませんでした。
しかも、授業でナベアツを実践されているとは・・・
まいりました!(脱帽)
「先生、アホになってよ」などと言われたりしないんですか?
>チヨコさん
今年シニアということは、おっしゃる通り3の倍数ですが、と同時に5の倍数でもあるので、「アホな犬」になるのであります(涙)
しかしこのネタ、なぜかK中→N体のお二人からすかさず反応があったことに少し驚いています。
もしかして、ギャグ好きのエリートコース?(笑)

補足

私たちは・・
K小→K中→K中央→N体
なんと小学校から大学まで同じです。
よって住んでいた町も同じです。
なんとも可哀想な後輩です。
私の前衛のH江さんもそうです。
ちなみにマサコ様は小学校は違います。
敏感に反応してしまった背景には、
こういうことがあったのでした(笑)
え?
そんなの関係ねぇ
ってか!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/127-743df66a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。