--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-15

成人式の想ひ出

昨日の東京インドアは予定通り、朝から会場入りし、3歳の坊主を膝に乗せての観戦となりました。
何せ4面同時展開なので、すべての試合にコメントできるわけもないのですが、今大会はヘンな試合というのがほとんどなく、それぞれ実力は拮抗していながらも、結果的に勝負強いペアが勝ち残った、そんな印象を持ちました。
カタギの世界ではないと言ってもいいくらい(笑)強力なダブルフォワードで、終始他を圧倒し続けた篠原・小林ペアと、初戦も決勝も、高校生ペアにリードを許しながら、結局逆転勝ちして大人(?)の貫禄を見せた上原・平田ペア。
男女の優勝ペアにあらためて拍手を送りたいと思います。


また、男子決勝で惜しくも敗れましたが、過去に優勝6回、準優勝2回、どうやって篠原・小林のダブルフォワードを崩すのか、大きな期待を持たせてくれた中堀・高川ペアや、高校生ペアとして堂々の決勝進出を果たした深澤・森原ペア、その他あらゆる選手に、本当に素晴らしいプレーを見させていただきました。女子高校生ペアの決勝進出は史上初ではないかと思っていましたが、そうではないんですね。


さて本日、世の中では成人式が行われていたらしく、夕方のテレビのニュースでは、振り袖姿にえりの回りに、ヤンキーがクルマのダッシュボードに敷き詰めているような、何だかよくわからないフワフワした綿毛のようなものを巻きつけた女の子たちがインタビューに答えていました。
ヤフーのニュースで見ている限りでは、今年は各地の成人式で荒れた話は特になかったようです。


もう四半世紀くらい前になる自分の成人式のときのことを思い出してみました。


仙台市長名で成人式の案内がきたので、軟式庭球部の同期とともに参加することにしました。
場所は市内のスポーツセンター。毎年芸能人が来ることになっているらしいのですが、男性タレントは毎年地元出身の「さとう宗幸」で固定。「♪広瀬川~流れる岸辺~」と「青葉城恋唄」を熱唱して帰っていくのですが、女性タレントは毎年変わるという感じでした。
われわれの前年の成人式には「三田寛子」が来たというので、ぼくのアパートの住人は「松本伊代」が来ないかな~と願っておりましたが、結局さとう宗幸とともに現れたのは、後に投資ジャーナル事件に巻き込まれたことで有名になった(?)「倉田まり子」でした。
寒い仙台のことを考えず、手足の露出度が高い薄着で登場し、「寒い」と訴えていたのを「バカだね~」と冷ややかに眺めていたことを思い出します。


成人式に着ていく服のことは特に考えていませんでした。
ブレザーにパンツ、ネクタイ等は持っていたので、それを着ていけばいいやと思っていたのですが、当日アパートを出て気づいたのは、「コートがない」ということでした。
普段はブクブクのダウンジャケットで生活していたのですが、それを着ていくのは自分のドレスコードが許しませんでした。


しかたなくコートなしで出かけたのですが、外は恐ろしく寒かった!
当時、1月の仙台というのは、おそらく最高気温が2~3℃、極端な場合は0℃以下だったのではないでしょうか。
みんなで撮った写真がどこかにあると思いますが、コートも持っていなかったみじめな自分の姿はあまり見たくありません。


そうやって考えると、今の新成人は恵まれているなあと思わざるをえません。
恵まれているんだから、とりあえず暴れたりせずに大人しくしていてほしい。


余談ですが、ぼくが高校生くらいの頃の「全日本学生インドア」は、成人の日・1月15日に行われるのが常で、出場選手の中で新成人がいれば、開会式で必ず表彰(?)されていました。
最近では全日本学生インドアそのものが平日開催だったりして、無味乾燥なものになっています。
必ずしも成人の日に大会をやれというわけではありませんが、もう少しいろんな演出、というか、出場選手だけでなく見る側のこともいろいろ考えた大会運営をしていただきたいと思います。

コメント

昨年の全日本学生インドアは、平日開催と言うことで、年末の忙しい時期に無理矢理休暇をとっての観戦でした。
トップランクの学生が一堂に集まる大会なので、日程も含めもう少し考えていただきたいと思いました。
やはり、観戦者が少ないのはもったいない!
大学のソフトテニスを盛り上げるためには、大学テニスをアピールとともに底辺を拡大させるためにも、高校生・中学生にもっと見に来てもらえるような工夫が必要だと思います。
関東学生インドアでは、いろんな試みがされているのだから(ナロさんを巻き込んでのイベント)。
今年の東京インドアは、選手のサイン会などやられたようですね(研修会が重なって、午後のみの観戦となってしまい、気がつきませんでした)。
すばらしいことだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/121-1e4e6882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。