--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-05

作戦ボードをつくる

およそ5年ほど前、ひょんなことからママさんクラブのお手伝いをすることになりました。
一つ前のルール改定と競技名称変更(軟式庭球→ソフトテニス)に抗議して、軟式テニスをやめてしまってから、10年近くが経とうとしていました。その後硬式はかなりやっていたのですが、久しぶりに軟式のボールを打ってみるとなかなか思うように打てません。特にバックがダメダメでした。
それでもお手伝いを引き受けることにしたのは、そのクラブがぼくの母校である小学校のPTAを母体に活動していたということと、自分が長きにわたって取り組んできた数少ないものを活かして、何か社会貢献ができないかと考えたからです。


はじめは、自分で「お手本」を見せたり、正確に上げボールをしたりすることは到底できないと思ったので、面白い練習メニューをたくさん考えて、ママさんたち自身でそのメニューをこなしてもらい、自分は大切なポイントを解説することに注力するという方法をとっていました。


その際、絶対に必要なのが「作戦ボード」でした。ホワイトボードにコートの図が描いてあるあれです。
この作戦ボードは、ナロさんなどでも扱っておられたと思いますが、小学校の校庭にはコートが2面あるので、コート図が2つ描かれた作戦ボードを用意する必要があったのです。


これは、どこを探してもなさそうな感じだったので、自分で作ることにしました。
さっそくホームセンターでホワイトボードを買ってきて、まずコート図の「線」を油性のマジックで描いてみました。
ところが、これはやってみるとわかるのですが、油性マジックで描かれた線は、ホワイトボード用のマーカーで描かれた線を黒板消しのようなもので消そうとすると、いっしょに溶けて消えてしまうのです。


しかたがないので、東急ハンズに相談に行ってみました。そこで紹介されたのが、ホワイトボードのケイ線用の黒いテープでした。テープの幅も何種類かあるのですが、その中から比較的細いものを買ってきて、何とか作戦ボードを完成させたのでした。


この「作戦ボード」と「マーカー」と、プレーヤーを示す「マグネット」の3点セットで、その後現在までずいぶん長い間、練習メニューを説明してきたのですが、最近さすがに老朽化してきました。


board001.jpg
▲老朽化した作戦ボード。誤って油性のマジックで書いてしまい消えなくなった跡も見られる。


実は、東急ハンズに相談に行ったときに「メーカーに特注して線を焼き付けてもらう方法がある」ということを教えてもらっていました。何となく費用がかかりそうな気がしたのでそのときはテープという手段を選んだのですが、今回はより上質な仕上がりへのこだわりがあり、思い切って特注に踏み切ることとしました。


まずホワイトボード盤面の内側寸法を教えてもらい、それに基づいてパソコンで図面を描いて持ち込みます。
2~3日で見積りの連絡があり、それから2週間ほどででき上がってきました。


board002.jpg
▲図面の一部。実際のコートと同じ縮尺になっている。


いやあ、さすがです。プロの仕事はやはり美しい。
宣伝をするわけではありませんが、この線を引くという加工費は2,000円でした。安いと思いませんか?
もし、ご希望がありましたらご紹介いたします。図面の描き方がわからないという方はご連絡いただければ代行してもかまいません。


board003.jpg
▲でき上がってきた作戦ボード。うまく撮れていなくてすみません。。。
アルミのフレームで、前作よりやや高価なものです。



今回作った新しい作戦ボードは先日の練習の際に納品し、代わりに古い自作の作戦ボードを引き上げてきました。これは汚れを丁寧に落としてジュニアのほうに回すとしよう。


テニスそのものも楽しいんですが、ぼくはこのようにテニスに関係するいろんな作業をしているときも同じくらい楽しいのです。こういうのがいわゆる「オタ」ということなのかなあ・・・(笑)

コメント

冬のアナタさん こんばんわ
さすが オタク とあえて言わせていただきます(爆)
作戦ボードいいですね。
うちのクラブのおばちゃん達にも相談してみようっと(笑)
口で言っても毎回同じことばかりの繰り返しなので進歩がありませんのでこれを採用しようかな?
そうすれば、毎回同じ事を言わなくても・・・・(結果は知れていますが・・・爆)
少しは変化があれば雰囲気も変わるかも知れませんので、来年は一部昇格が出来るかも!

笑行陣さん コメントありがとうございました。
このホワイトボードを使った説明、おばちゃんたちも一応聞いてくれると思いますので、おすすめです。
テニスコートは、自分たちが思っているより、かなりタテ長なので、それを理解するだけでも意味があると思います。
ぜひ使ってみてください。

ここ2年くらいですが、ノートかメモ帳を持ってベンチ入りしてます。
ビジュアル化したほうが、イメージ伝わりますからね。
私もなぜないのか不思議です。

初めてやる練習を説明するとき、コートで説明するとやたら時間がかかるんです…(--;
作戦ボード、うちのチームも必要性を感じます。

作戦ボードの自作

ミニバスのチームのコーチをしてますが、前から自分で作戦版を作りたいと思っていました。メーカー特注の線焼付けがそんなに高くないのを見て、俄然やるきになってきました。
どんなホワイトボードがいいのか、パソコンで図面をどうやって書いたらいいか、など教えてもらえるばうれしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/117-a8289440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。