--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-16

「飲酒」の遍歴

そもそも両親が二人とも九州出身で酒が強かったのです。


幼少の頃を振り返ると、わが家は決して子どもに迎合してハンバーグを作るような家ではなく、あくまでワンマン親父の好みで食卓が彩られていました。


 「刺身」「おひたし」「ぬた」


などはまだいいとして、


 「もつ煮込み」「くじらベーコン」「くさや」


など、どう見てもオヤジの「つまみ」のようなメニューが並び、ぼくら子どもはこれをおかずにしてご飯を食べるのでした。


・・・これで酒飲みになるなというほうが難しいでしょう(笑)


そういうわけで高校生の頃から本格的に飲み始め、現在に至っております。


いろんな酒を飲みました。ビール・ワイン・日本酒・焼酎・ウォッカ・ジン・紹興酒・・・などなど、だいたい何でも飲みますが、唯一「甘い酒」はダメです。カルーア何とかとか、カシス何とかとか、そういうカクテル系はNGです。


幾千の飲酒経験を経て、現在確立された飲酒スタイルについてはまた次回に!

コメント

「ぬた」をここで語ることになるとは!
ん?九州語ではないのかな?
こちらでも「ぬた」っていいますか?
私の幼いときと食卓の様子は全く同じです!
ただ私の試合の前夜はいつも「馬刺し」を食べさせてくれました(笑)
うちの娘はお陰で「馬刺し好き」です。

ぬた はこちらでも通用しますよ。あれはおいしいです。
お酒に合う「つまみ」は、ゴハンにもバツグンに合うので、最近、居酒屋に子供連れでくる家族が多いのはそんな理由があるのでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/11-21041e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。