--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-22

「NR-1にスラレザー」の巻

ナロさんのオリジナルラケットである「NR-1」というモデルがあります。2002年ごろだったか、10年以上のブランクを経てぼくがソフトテニスに戻ってきたころ、試打用ラケットを貸していただいたのですが、もともと人と同じラケットを使うのが好きではない性分もあってすぐに気に入ってしまい、以後使い続けてきました。


この「NR-1」、2本シャフトでフェイスもかなり大きく、ご自身が前衛であるナロ社長が開発されたことから、前衛用であることは明らかなのですが、普段オーバーサイズ(107平方インチ)で硬式をやっている身としては、これくらいのフェイスの大きさがないともはや不安であり、また、長さも70cmほどあるので、ママさんやジュニアの指導のまねごとにもうってつけなのです。
ぼくはもともと後衛ですが、フェイスが小さい1本シャフトのラケットはもう使いこなす自信がありません。


ぼくが最初に購入した初代モデルは、チャコールグレーとでもいうのでしょうか、独特の色・独特の風合いの塗装が施されており、それだけでも異色な雰囲気が漂っておりましたが、そうこうしているうちに、ナロさんから新色を出すとの情報を得て、いち早く飛びついた次第です。
今回の新色は、白をベースに黒&グレーのアクセントが入っており、デザイン的にもかなり進化したものとなっています。


初代モデルはナロさんのホームページで“あるページ”を開くと詳細が書かれておりましたが、今回の新色モデルはぼくが知る限りではまったく広告されていません。以前通っていた居酒屋の裏メニューに「○○ラーメン」(←○○にはお店の名前が入るらしい)というのがあって、ときどき注文しておりましたが、このNR-1はまさに、その裏メニュー、もしくは「店主秘伝の賄い飯」的なものがあると思います。


ところでこのNR-1のグリップレザーは、今ではほぼ100%のラケットに採用されている人工素材、いわゆる「シンセティック・レザー」ですが、ぼくはこのシンセティックは、フワフワしていてグリップの角がわかりにくく、しかも長い間使っているとボロボロになって手が真っ黒になるため、好きではないのです。硬式のラケットもそうですが、天然皮革(牛革)を愛用しています。
そこで今回、以前「杉です」さんからチヨコさんを通じて譲っていただいていた「スラレザー」を巻くことにいたしました。


nr-1.jpg
▲新色「NR-1」の全体像

nr-1grip.jpg
▲スラレザーを巻いたグリップ部分



この「スラレザー」、若い人は知らないと思いますが、ウッドラケット全盛のころに、一流選手が好んで使っていた天然皮革ものです。レザーの真ん中に金色のラインが入っているのと、(写真ではわかりませんが)細かい穴があいているのが特徴です。
いつかどこかで書いたことがあったと思いますが、学生の頃、一流選手に憧れて、ニューナンバーワン(カワサキ製のウッドラケットのベストセラー)にこのスラレザーを巻いて得意になっていたこともありました。


ちなみにこの「NR-1」はゴーセン製。当然のことですが、公認マークも入っていますのでぜひお試しください。

コメント

両方は知らないので手は挙げられないのですが・・・。
私も天然皮革しか使えません。
一流選手が好んで使っていたことは知りませんでしたが、私も学生の頃に、ニューナンバーワンにスラゼンジャーのレザーを巻いていました。どのメーカーのよりも手になじんだので、こればっかり使ってた気がします。
また、当時は名手ロッド・レーバーの真似をして、チェンジサイドの時に、ネットのワイヤーでグリップを擦る、なんてことをして気持ちを落ち着かせていたことを思い出します。
"スラレザー"という言葉を初めて聞いたので、勘違いだったら笑ってください。

takaさん、はじめまして!
・・・でよろしかったでしょうか。
コメントありがとうございました。
なぜか昔のグッズのほうがいろんな意味でいいですよね。
レザーは天然皮革のほうが耐久性も優れているのに、なぜ最近はシンセティックばかりなのでしょうか。もっとも金額的な問題もあるのでしょうが・・・
実はぼくはこのスラレザーの上からグリップテープを巻いて使っているのですが、それが「トーナ・グリップ」といって、これまたオールドファン垂涎の品です。ブルーのドライタイプのテープで、フィニッシングテープが赤く、パッケージにはサンプラスの写真が使われているというものです。ご存じないでしょうか?
またいろいろ懐かしいお話を聞かせてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/109-43ca286a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。