--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-05-25

某S区団体戦

すでにじすたさんやぴーさんが書いておられる通り、5/20に開催された標記の大会に参戦してまいりました。


ちなみにこの大会を、
 じすたさんは「某区区民大会」
 ぴーさんは 「某自治体団体戦」


そのほか、
 ソフオンのぉまみさんは「某区民大会団体戦」


と、いずれも具体名を伏せておられますが、仮にこれが東京都だと仮定しても「S区」は渋谷のほかに新宿、杉並、世田谷、品川、墨田などいろいろあるので、まあイニシャルくらいならバチはあたるめえと、勝手ながら「某S区」と表記させていただきました。


・・・って、ぉまみさんのブログには思い切り横断幕の写真出てるし(笑)


普段どこのクラブにも所属していない冬のアナタは、必然的に大会に出る機会がほとんどありません。ここ数年、毎年必ず参戦している唯一の大会「ナロ・リゾートカップ」を除いては、まったくといってよいほど出場していないのですが、今回はナロさんにお願いして何とか「チームNARO・Bチーム」にもぐりこませていただいたという次第です。


朝、会場最寄り駅の改札を出ると、そこには明らかにソフトテニスをやるぞという集団が待ち合わせをしておりました。その中にBRIDGEのじすたさんを発見、挨拶を交わしましたが、そのときは後に対戦することになるとは思いもしませんでした。


出場させていただくことにはなっていたのですが、同じチームに誰がいるのか、その前に自分のペアは誰なのか、自分は前衛でとお願いしていたのですが、果たして自分は前衛をやるのか後衛をやるのか、そのへんのことがまったくわからないまま開会式を迎えました。


しかし、本当にいい天気です。雲ひとつない快晴。風はそれなりにあるけど、気持ちよくテニスして気持ちよく日焼けできそうな、そんな日でした。


今回は希望通り前衛をさせていただきました。予選リーグの2試合はペアを変えて2勝。まあ、自分はほとんど何もしませんでしたが。


決勝トーナメントの初戦(=準決勝)がじすたさんチームとの対戦でした。
1番に出され試合開始。ぼくのペアは昨年全日本社会人をとったサウスポー・舘越清将選手(わか杉クラブ)もフォームを真似ていると評判の(?)闇将軍。対戦相手はなんとじすたさん本人、つまりサウスポー後衛の対決ということになりました。


年齢的にも技術的にも練習量的にも、勝てる要素がまったく感じられない中でゲームが始まりました。ぴーさんのブログに「お互い負けられない・・・! と、火花が散ったそうじゃないですか」とありますが、負けられないなどと気負う余裕すらなく、何とか形だけでもゲームの体裁にすることで精一杯というのが正直なところでありました。逆にじすたさんたちのほうがヘンに意識してしまったのか、ミスが重なり、勝ち星を譲ってもらいました。
この対戦、ぼくらを捨て駒に、他の2ペアで勝つ作戦かと思いきや、ナロ社長がよもやの敗戦、3番が踏ん張ってなんとか2-1の辛勝で決勝に進出することとなりました。


決勝の相手は「チームNARO・Aチーム」。なんで区民大会にこの選手が?という豪華キャストでした。中には先日の仙台での試合(日本代表予選)に出ていた猛者も。・・・堅気の世界にヤクザが出てきてはいけません(笑)


1番に出ましたがあっさりと息の根を止められました。続く2番手も同様に軽くあしらわれ、試合終了。


まあでも、この日は相当楽しかったです。その後の打ち上げにも参加したかったのですが、某所で別の飲み会があったため失礼させていただきました。


このようにほとんどプレッシャーもかからず、ミスしてもヘラヘラしていられる大会というのはそんなにあるものではないと思いますが、自分にとっては精神衛生的にも非常に有意義な大会でした。
クラブに所属して毎週のようにテニスができたらいいなあ、とあらためて思い始めた次第です。

コメント

文章から楽しまれた様子が伺えます。
やはり団体戦は楽しいですよね。あの雰囲気がたまりません!(笑)
それに思いがけない対戦もあったりして、団体戦の醍醐味ですね。
あんな大都会にコートがある事に驚きました。(笑)

じゃじゃさん、コメントありがとうございました。
たしかにS区は東京の中心部ではありますが、今回大会会場となったこのコート(テニスコートのほかにグランドや体育館や室内プールなどもある総合スポーツセンターです)はそういう都会の喧騒をまったく感じさせない不思議な場所にあるのです。地図で見てみたらS駅から2kmくらいしか離れていないんですけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/107-2e974799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。