--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-09

いよいよ世代交代か?

昨日、毎年恒例の東京インドアを観戦してきました。

この大会、いまから四半世紀以上前の高校生のころ、改装前の東京体育館の時代に、いい席をとるために前夜から友だちとテントと寝袋で並んだことがありました。
カップヌードルとお湯を持ち込んだのですが、肝心の割り箸を忘れてしまい、今だったらコンビニがあるので楽勝でしょうが、しかたなくボールペンの芯を使ってなんとか食べた苦い記憶があります。


今回の試合の模様は、じすたさんやたかさっきーさんが書いておられるので、そちらに譲りますが、とにかく今回のトピックスは高校生ペア鹿島・井口の決勝進出に尽きます。


昨年、寒河江・森田組(東北高=当時)が高校生で初めて天皇杯3位に入り、東京インドア出場を果たしたのは記憶に新しいところですが、東京インドアでは予選リーグ最下位とルーキーらしい結果に終わった彼らに対し、今回の鹿島・井口組は天皇杯3位という、昨年の記録にやすやすと並んだばかりか、昨日の大会では初戦で中堀・高川を退けたのをはじめ、大学生や社会人相手にまったくひるむことなく、むしろふてぶてしさすら感じられるプレーを見せてくれました。


特に井口選手。もちろんときどきミスはするのですが、必ずボールをスイートスポットでとらえているのには驚きました。他の選手に見られる“チップ”がないのです。目、というか動体視力が相当優れていると感じました。
お父さんの井口鉄郎選手はインカレ個人3連覇の偉業を成し遂げた天才ですが、息子くんは父譲りの才能に加え、体格にも恵まれています(聞いたところによると身長184cmとか)。


これが高校生というのは昔では考えられない。われわれが高校生だった頃は、インハイのベスト4くらいがかろうじて天皇杯に出ることができて、せいぜい1回勝てるかどうかというレベルだったと思うのですが。
これは一つには昨今のジュニアの育成が功を奏しているのと、あとはラケットの軽量化なども大きな要因になっているように思います。


いずれにしても井口選手、近い将来、日本代表として各国の列強と闘える資質は十分持ち合わせていると思います。
いいものを見せてもらいました。今後もっとも注目したい選手リストに加えさせていただきました。

コメント

次回は『ソフトテニスを熱く歌おう会』か?

お疲れさまでした
鹿島・井口組の活躍が目立った大会でした。
選手の皆さんも年末やお正月と色々と行事もあり決して、調整は万全ではなかったかもしれません。これから皆さんもテンションもUPしてきます。さらなる激戦がみられると思います。楽しみです。
『ソフトテニスを熱く語る会』の会場に○○○○BOXがありましたが、チャンスがなく(時間がありませんでした)残念でした。(笑)
いつの日か『ソフトテニスを熱く歌おう会』などもいいですね。(笑)

誰かが井口選手のことを書くと思ってあえて、小峯選手を書きました。
しかし、井口選手のバックボレーはほんとすごい。

 最初の対戦相手が中堀・高川組だとわかっていたので、鹿島・井口組も心置きなく向かっていけたと思いますし、その第一試合にむけて集中していたのだと思います。
 ひるがえって、中堀・高川組の心境を察するに(心中を察するなんて、ほんとはできませんが)
若手の鹿島組に敗戦してしまったときに、どのような思いがよぎったのかなと・・・。
 小早川に打たれた江川、貴花田に負けた千代の富士、
そして大学の後輩に負けたことがなかったのに、10歳下の後輩に完封されて「これまで」と悟ったぴー・・・(一緒にするなって!)
 まだまだ中堀組には、「これぞソフトテニス」というテニスを見せてほしいものです・・・。

井口選手はお父様もお母様もよく存じ上げております。
そのジュニアがこんなに成長なさったかと感慨深いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/101-cc7a2684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。