--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-06-15

飲んでます

先ほど帰宅しました。
今日は10時すぎまで仕事をしており、飲みに行くには中途半端な時間なので、珍しく(?)まっすぐ家に帰ろうと思ったのですが、帰りの電車の中で“あること”を思い出しました。


娘の小学校で「おやじの会」なる団体に属していることは先日書きましたが、18日に行われる区の小学校のPTA対抗ソフトボール(ソフトテニスではありませんので念のため)大会へ向けてTシャツを揃えようという話になっており、昨日それが出来上がったという連絡が入ったのでした。


この「おやじの会」は今年からメーリングリストによる連絡体制を敷いているのですが、昨日来たメールによると、メンバーの一人が経営しているお好み焼き屋さんをTシャツの受け渡し場所にするので、各自代金を持って取りに行くこと、とのことでした。


そのお好み焼き屋さんに顔を出したのですが、まだTシャツが届いていない・・・
しかし、他にお客さんが一人もいなかったということもあり、そこで「あ、そうですか」と帰れる雰囲気ではなく、一杯だけ飲んで帰ろうとカウンターに腰掛けてしまったのでした。


そんなに飲み食いをしたわけではないのですが、マスター(といっても3つくらい年下)が超話し好きで、彼の話をウンウンと聞いているだけで、気がついたら2時間半近くが経過していました。


家に帰ると家族は全員寝ています。が、テーブルの上にはつまみのようなものが2品置かれているのでした。(涙)


“よし、飲み直すか”


フツーはそう思うよな・・・と、自分に言い訳しながら、もう午前2時だというのにグラスを傾けながらこれを書いています。


冬のアナタは昨年本厄でした。そろそろこういう無茶な生活にもピリオドを打たねばならないのだろうと思います。


たまに「会社まではドアtoドアでどれくらいかかるんですか?」などという質問をされると、「行きは1時間弱ですが、帰りは6~7時間くらいかかります」などと、ふざけた答え方をしていましたが、もうそんなことを言ってる場合ではないのかしらん。


テニスと酒のどちらかをやめろと言われたとき、皆さんはどうしますか?


ぼくは答えが出せません。テニスのない生活における酒、酒のない生活におけるテニス、これはどちらも考えられないからです。(完璧な依存症ですね・・・)

コメント

>テニスと酒のどちらかをやめろと言われたとき、皆さんはどうしますか?
おはようございます。上の質問、私なら 『 ムリ !』 と答えますね。“ペア”ですので切り離せません。
でも、酒やめたいっす…

帰りにそんなに時間がかかるのですか(笑)
東京から天草西海岸くらいまで行けちゃいますね!
所謂、生活習慣病だけは避けたいものですが、そのような話をすると中・高年くさいのでやめておきます(十分中・高年だけど)
愛すべきは、酒とテニス・・ですかね~

(いいわけ)
テニスと酒、同時には普通できませんので、重ならないよう(二日酔いでテニスをする、またはテニスをしながら缶ビールを飲む)に注意しながら、「(今)あっちはやめました。」と言い訳(かなり苦しいが)問題先送りではいかがでしょう。

車はガソリンが無いと走らない様にテニスとアルコールは必要不可欠な物では無いでしょうか?
満タンにするか燃費を伸ばす為に少しにするかは本人次第ですけど。(笑)

クッキー家は幸い?な事に、下戸の家系でして、私もそのDNAをしっかり受け継ぎましたので酒に関しては執着がありません。
誰ですか?そこでうそ~、と叫んでいる方は。ほんとです!
ですから酒はやめられます!
ただし母方は酒どころで、祖父は自分が飲みたい為に副業で酒屋をやった人ですから、そちらのDNAのちょっとはあるかな・・・?

間違いなく 無理 ですね。
もうそれは許してほしいです 笑

あー無理!無理です。
酒が強くないとテニスも強くなれないとか、うそばっかりの文句にだまされ鍛えられました。
当時より弱くなりましたが、お酒の席の雰囲気とあのほわ~んとした感じ、妙に饒舌になる自分が好きでやめられませんね。
無理です。(しつこい!)

無茶な生活にピリオド・・・なんて無理に打たなくてもいいのではないでしょうか。
一家の主が元気で充実した生活を送っていて、家族に明るい笑顔を見せてあげられるなら、それでいいのでは?
好きなことは好きでいいじゃないですか。
だって、テニスもお酒もやめられないですよねきっと。(笑)
ちなみにどっちか選べ!っていわれたら、私はお酒をやめるかなぁ・・・。

ぴーさん、ありがとうございます。
そのほかの皆さんも、全体的に飲酒に肯定的な意見が多くて(と勝手に解釈している)元気づけられました。
>一家の主が元気で充実した生活を送っていて、家族に明るい笑顔を見せてあげられるなら、それでいいのでは?
「一家の主が元気」な「生活を送っていて」というのは、たしかにそうかもしれませんが、「充実し」ているのかどうか・・・
それと、ぼくが「家族に」「見せてあげられる」のは「明るい笑顔」ではなく「醜い寝相」でしかありません。最近娘も一緒の布団で寝てくれなくなりました(涙)
しかし、それでも毎日飲み続ける冬のアナタでございます。
ここに至る飲酒の遍歴については別ブログを立ててお話しさせていただきたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://whoyouknowanata.blog22.fc2.com/tb.php/10-d82cecd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。