--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-21

ヨネックスのロゴの変遷

以前、ソフオンでどなたかが書いておられたと思いますが、ヨネックスのロゴは10年くらい前に現在のものに変わっています。

ジュニアのクラブの備品であるラケットに、新旧のロゴがありましたのでまとめて撮影してきました。

yonex1.jpg
▲左側が旧ロゴ、右側が現在のものです。

いまでも、特にシニアやレディースの大会の会場などで、この旧ロゴのウォームアップを着ているような人をときどき見かけます。ぼくの弟が使っている「BORON300」もたしか旧ロゴだったと思います。

さて、これだけの話であればここで終わってしまうのですが、この左側の旧ロゴ、実はぼくにとってはあまり古いという感じがしません。というのは、これのさらに一つ前のロゴを知っているからです。

yonex2.jpg
▲1978年の某大会プログラムの広告より

これがその一つ前のロゴです。これがいつ旧ロゴに変わったのか、ヨネックスさんのサイトなどを見てもはっきりしません。
ぼくは1979年に高校に入学したのですが、入学祝いでもらったお金で買った「カーボネックス」には、上記の一つ前のロゴが入っていました。
しかし、1979年4月に行われた女子選抜のプログラムの広告には、新しいロゴ(旧ロゴ)が使われています。したがって、ロゴが変わったのはだいたいそのへんのタイミングであろうと推測されます。(ぼくが買ったカーボネックスは旧モデルだったということでしょうか 笑)


ところで、なぜ「ヨネックス」のロゴは「yy」と「y」が2回も使われているのか、中高生の中には知らない人も多いことでしょう。
これはご存じの通り、創業者一家の名前が「米山」さんであることに由来します。ヨネックスさんの社史をひもとくと、「ヨネックス」の前の社名は「ヨネックススポーツ」、その前の社名は「ヨネヤマラケット」だったそうです。

yoneyama1.jpg
▲『テニスマガジン』1973年3月号より。ロゴはそのままですが、社名が「ヨネヤマラケット」となっています。


さらにもう少し古い資料を見ていたら、不思議なロゴを発見しました。

yoneyama2.jpg
▲『テニスマガジン』創刊号(1970年10月号)より。この象形文字のようなロゴはいったい何でしょう。


今回は以上ですが、「ヨネヤマラケット」の前の社名は「米山製作所」だったそうなので、必ずやその当時の広告がどこかにあることでしょう。
いずれ見つけ出して、またご紹介したいと思います。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。