--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-01-31

グリップレザーの変遷

前回のブログで、グリップレザーのお話をいたしました。

現在のソフトテニス(おそらく硬式も)におけるグリップまわりのあり方は、概ね次のようになっているのではないかと思います。

1)グリップレザーはシンセティック(合成皮革)
2)このレザーはもちろんそのままでも使えるが、天然皮革に比べると磨耗が
 早いのでたいていの人はその上からオーバーグリップテープを巻いている

2のオーバーグリップテープというのが一般的になってきたのはいつ頃からなのでしょうか。
テニスショップに行くと、その種類の豊富さに圧倒されます。大きくウェットタイプとドライタイプがあり、どちらかというとウェットタイプのほうが人気があるようですが、それも、ノーマルなタイプのほか、細かい穴があいているタイプとか、わざと凸凹がついているタイプ、「先手必勝!」などとスローガンが印刷されているタイプ、などなど様々な種類があり、それぞれカラーが何種類も用意されています。

少なくともぼくは中学・高校・大学時代において、オーバーグリップテープというものをほとんど使ったことがありません。唯一高校の一時期、カワサキから出ていた、やけにベトベトする紙製のグリップテープを、グリップの半分くらいのところまで巻いてみたことはありますが、その当時はそのようなグリップテープなどというものは、ほかにはほとんど販売されていなかったのではないでしょうか。

話は中学時代にさかのぼりますが、特に後半のほうで、レザー代わりにグリップに巻くものをいろいろ工夫した記憶があります。当時はグリップレザーといえば天然皮革が当たり前でしたが、これがかなりいい値段がしたのです。おそらく小遣いもあまりもらえていなかったのでしょう。それがいろんな“素材”への試行錯誤につながったような気がします。

最初に買ってもらったラケットに巻いてあったのは天然皮革の、いま思えばスラレザーのようなレザーでしたが、握り方が悪かったのか、レザーの重なる部分が次第にめくれてきました。
しかたなくレザーを外してしまったのですが、レザーの裏をみると、いわゆるバックスキンというのでしょうか、粗めのスエードのような質であることがわかりました。
もしかしてこっちのほうがすべりにくいのでは?と思い、レザーを裏返しに巻いてみました。これがグリップ改造の第一号です。

それもなかなかよかったのですが、次第に飽きてしまい、次にトライしたのは「自転車のハンドルに巻くための布製テープ」でした。
これは厚手のもの・薄手のもの、いろいろあるので、薄手の場合は二重に巻くなどの工夫が必要ですが、ここだけの話、これはかなりよかったです。何といっても自転車用なのですべらないのです。しかも安い! 興味のある方はぜひ試してみてください。
ちなみに、以前実家の物置から、中学3年間使ったウッドのラケットが出てきたのですが、そのグリップにはこの自転車用布製テープがていねいに巻いてありました。

それと、これは社会人になってからのことですが、当時の韓国選手はグリップに包帯のようなものを巻いていて(というか、本当に包帯だったそうですが)、しかもその端をダランと垂らしているというスタイルがよく見られました。
それを真似して、というか、どちらかというとウケ狙いで、ぼくも一時期ニューナンバーワンに包帯を巻いていたことがあります。
包帯には伸縮性のものとそうでないものがありますが、巻きやすいのは言うまでもなく伸縮性のほうです。
ただ、この包帯というのは全体的にかなりずれやすいという欠点があります。あまりおすすめはできません。

いろいろ試行錯誤を重ねてきましたが、現在は「天然皮革のレザー+オーバーグリップテープ」というパターンで、軟式も硬式もほぼ落ち着いています。
オーバーグリップテープは、「トーナグリップ」といって、硬式ではメジャーなドライタイプのものを、硬式だけでなくソフトテニスでも使っています。

tournagrip01.jpg


この「トーナグリップ」、現在のようなウェットタイプが出てくる前から存在しており、アガシやサンプラスも愛用していましたが、現在行われている全豪オープンを見ていても、いまだにトッププロの使用率が非常に高いのが驚異的です。
耐久性はあまり高くありませんが、おすすめです。ぜひ一度使ってみてください。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。