--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-29

最近気になるこんなマナー

ソフトテニスのマナーについては、以前にも何度か書いたことがありましたが、本当はあまり好きな話題ではないのです。
マナー云々を(エラソーに)語るということは、自分がまるでマナー面では完璧な人間であると言っているかのようだからです。

以前、鈴木健二氏の『気くばりのすすめ』という本がベストセラーになったことがありましたが、なんか胡散臭くて読む気がしませんでした。鈴木健二氏のことがどちらかといえばキライであるというのが大きかったのですが(笑)、それ以前に、さも自分が気くばりのできた人間であると言っているようで、ケッ!何言ってやがんだ、みたいな胸糞の悪さを感じたからでした。

そんな前置きの後にあえて書くのですが、最近、と言っても2~3年前からソフトテニスの試合におけるこんなマナーが気になっています。

それは、

“ファーストサービスがフォールトした後、セカンドサービスが打たれるまでの間に、レシーバーのペアが打合せをする”

という行為です。

これはそのへんのソフトテニスを始めたばかりの中学生の試合などではなく、天皇杯とか最近では全日本大学王座とか、そういった一流の大会においてすら散見されるため、特に問題視している次第です。

数年前、天皇杯で実際に見たシーン。
ファーストサービスとセカンドサービスの間で、打合せを始めたレシーバーペアがいました。そのペアは学生ペアで、レシーバーの後衛くんは前年度高校生のときに大活躍した選手でした。

打合せをしている最中にサーバーがセカンドサービスを打ってきました。あわてて後衛くんはレシーブをしたのですが、体制が整っておらずミスをしてしまいました。

こういうケースの場合、サーバーとレシーバーはどちらが悪いのでしょうか。

ルールブックを紐解くと、まず第21条で「サービスはレシーバーに用意ができていることを確認して行わなければいけない」とされています。そしてその条件が整っていない場合はレットとなると定められています。

では、前述のケースはサーバーが悪いのでしょうか。

一方、第15条ではプレーヤーの心得として、「相手方がサービスをしようとしているのにレシーブの構えをしないこと」はしてはならない行為とされています。

これを適用すると、レシーバーが悪いということになり、ルール上はどちらにも解釈できそうな気がしてきますが、ぼく個人としては、前述のケースは明らかにレシーバーが悪いと思います。(ちなみにこのときはレシーバーの失点でした。レシーバーも特に抗議などはしていませんでした)

以前どこかで書きましたが、ファーストサービスとセカンドサービスは連続して打たれるべきであり、その“間(ま)”というか、リズムのようなものは、阻害されるべきではないと思っているからです。
ファーストサービスをフォールトした後、隣のコートからボールが入ってきたりして、セカンドサービスを中断させられることがときどきありますが、すごくイライラしませんか。

「レシーバーに用意ができていることを確認して」というのは、どちらかというとファーストサービスの場合を想定したルールなのではないでしょうか。ファーストサービスがフォールトした後、レシーバーが速やかにセカンドレシーブの体勢をとるのは、明文化するまでもない、いわば当たり前のことだと思います。

もちろん、サーバーについても同様です。レシーバーが構えているのにサーバー間で打合せをすべきではありません。

いろいろ書いてしまいましたが、いずれにしても現行のルールではどちらにも解釈可能な状態になっているように思います。

“マナーからルールへ”

これは、路上歩行禁煙を導入したある地域のポスターに書かれていた標語です。
マナーの範疇で解決できないことについては、ルール化するしかないということでしょう。非常に残念ですが、現行のルールはもう一歩踏み込んで、ファーストサービスとセカンドサービスの間の打合せを、サーバー・レシーバー双方に禁止する内容としていただけないものでしょうか。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。