--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-30

ジャッジペーパー改善案

またまたごぶさたしてしまいました。
最後のブログが3月11日ですから、実に2ヶ月近くサボっていたことになります。
サボっている間にテンプレートを変えたりはしてみたのですが、肝心の本文が・・・
1ヶ月以上更新がないと、勝手に広告が入るらしいのですが、それを知ってもなかなか更新できず、野放し状態になっていました。

この約2ヶ月の間にはいろんなことがありました。
「ソフトテニスチャレンジ神戸大会」もその一つですが、前日の夜に入って当日の夜に帰ってくるという強行軍だったせいか、あまりよく思い出せません。なんか夢の中のできごとだったような、1年か2年くらい前のことだったような、ぼくの意識の中ではそんな“遠い過去”になってしまっています。

3月末には白子の全国小学生大会を見に行きました。うちのジュニアのクラブの子たちが1ペア出場するというので、「ソフトテニスチャレンジ」で笑行陣さんから作り方を教わった「紙製の横断幕」(幅約2.5m)を作って応援に行ったのですが、昨年のこの大会ではボロ負けだった東京都代表が今年はみんな好成績で、うちのクラブの子たちも低学年女子の予選リーグを1位で抜けることができました。

ナロさんにガットを張り替えてもらい、今シーズンの最初の試合として区の団体戦というのにも出てみました。弟と組んだのですが、若いペアに完敗し反省しきりでした。


さて、先日BRIDGEの「質問掲示板」で、「審判をしていてファイナルゲームになると、サーブレシーブやサイドがどっちなのかわかりづらいのだがどうしたらよいか」という質問があったので、ぼくの答えられる範囲で回答させていただきました。
これまで、ファイナルの審判についてそれほど深く考えたことがありませんでしたが、大事な試合のときは審判もそれなりに緊張してしまうだろうし、もしジャッジペーパーがもう少しわかりやすいものであれば、トラブルを防ぐことができるかもしれません。

そこで、現在のジャッジペーパーのファイナルの欄を少しいじってみました。

judgepaper2_20090609203810.png

上の図がそれです(図はジュースの末、10-8で終了したところ)。○×を記入する欄の上にサーバーを表す記号を書いてみました。「A-1」というのは「そのゲームで最初にサーブを行うペア」の「最初にサーブを行う選手」を意味します。で、その選手のペアが「A-2」、その対戦相手のペアのうち最初にサーブを行う選手が「B-1」、そのペアが「B-2」ということになります。
2人のうち、どちらの選手からサーブを始めるかは、必ずしもそれまでのゲームと同じとは限らないので、どの選手が「A-1」・・・「B-2」になるのかはサーブの順番を見ながら、ジャッジペーパーの選手名の欄の隅にでも小さく書いておくとよいでしょう。

【凡例】にあるように、○×を記入する欄のタテの線は3種類あり、それによってレシーブ、サーブ、コートを交代するタイミングがわかるようになっています(これは現行のジャッジペーパーと同じです)。


・・・どうでしょう? 少し親切すぎますかね? それともこれでもまだわかりにくいでしょうか?
賛否両論あるとは思いますが、基本はジュニアや中学生でも間違えずにスムーズに審判ができることだと思います。やはり何らかの改善はしたほうがよいのではないでしょうか。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。