--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-30

続・マナーの話

前回のブログにコメントをお寄せくださった皆さん、ありがとうございました。
大変遅くなり申し訳ありませんでした。


アゴイ!さんがおっしゃるように、コートの後ろを横切るのは、コンサートの演奏中にどかどかと席に着くのに匹敵する行為だと思います。有明コロシアムなどで行われる硬式の大会(有料)などを見に行くと、観客はチェンジサイドのときしか移動できないように規制されています。
スタンド(観客席)がなく、コートの後ろは金網で、その後ろを多くの通行人が横切っているようなコートで試合が行われることが多いソフトテニスでは、歴史的にコートの後ろを横切ることへの抵抗感・罪悪感が醸成されなかったのかもしれません。
本当はこのへんのマナーについては、日連が各支部に対して“指導”を行うのが理想だと思うのですが、抗議についてのルールを策定するのが精一杯の現状では望むべくもないでしょう。


やはり草の根的に現場で言い続けていくしかないのでしょうか。
以前、あるジュニアの大会で他人の試合中に、ラケットをクルクル回してふざけながらコートの後ろを堂々と歩いて横切っていた子どもをとっつかまえて、叱り飛ばしながらよく見ると、全国大会に出るような選手だったのにはたまげました。以前どこかで書いたかもしれませんが、ジュニアの指導者たちには、技術よりも勝つことよりもマナーや礼儀を徹底的に教えこんでもらいたいものです。
じゃじゃさんのコメントにあった「なぜ横切ってはいけないのか」という質問は、幸いにまだ受けたことはありませんが、今後もし質問されたらどうやって答えるか今からシミュレーションしておこうかな。いきなりそんな質問されたらキレてしまいそうなので・・・(笑)


今夏の全国ジュニア大会で見た光景。
あるチームの指導者は、淡谷のり子のような感じのおばあちゃんだったのですが、その叱りっぷりが見事でした。


“あんな態度で試合をしたら相手に失礼じゃないの! そんなことならテニスなんてやめちゃいなさい!”


最近、こういう叱り方ができる大人が少なくなってきたような気がします。
ぼくも今後、コートの後ろを横切る行為に限らず、マナーに反する行為にはガミガミ叱っていくつもりです。


>クッキーの父さん
以前のクッキーの父さんのブログを読んでから、ボールを足で扱うことに注意を払うようになりました。
とは言っても、自分はこれまでも足で扱うことは無意識にしてこなかったということにも気がつきました。
硬式のプロの試合で、フォルトしたサービスを返球したボールがサーバーのほうに飛んできたときに、サーバーがそれをサッカーよろしく足でポーンと蹴るというパフォーマンスがごくまれに見られます。(頭でヘディングというケースもある)
プロがこういうことをするから、足で扱うことへの抵抗感がなくなるのでしょうね。
やはりトップレベルの選手は、みんなが真似することまで意識した行動をとらなければいけないということでしょう。


これまたあるジュニアの大会で、小耳にはさんだある指導者のアドバイス。


「もっと“ラッキー”とか言って声を出せ! 硬式ではダメだけどソフトテニスでは言っていいんだ!」


・・・たしかに間違ったことは言っていないかもしれませんが、何か違うんじゃないの?と思うのはぼくだけでしょうか。
テニスに限らず、スポーツは技術と体力と精神力で相手と闘うものだと認識していますが、ソフトテニスはそれに加えて「相手を威嚇する、もしくは相手のミスを喜ぶかけ声」という“武器”を使わないと勝てない、というか、“武器”を使うよう指導されている、そういうスポーツだとしたら非常に悲しいと思います。
ましてや「硬式ではダメでソフトテニスはOK」というのは、どうやっても論理的に説明のできない理屈です。


極端な話ですが、ゴルフで相手がOBを叩いたときやパットを外したとき「ラッキー」と言ったらどういうことになるでしょう。
もちろんゴルフはゴルフ、ソフトテニスはソフトテニスですが、ことマナーに関してはゴルフのような相手への配慮・敬意を見習いたいものです。


「(“ラッキー”のように)声を出すのがソフトテニスの魅力の一つ」という意見はときどき耳にしますが、そういうことを言っている人たちも、心のどこかでは(主として硬式に対して)マナー面でのコンプレックスを持っているのではないでしょうか。


勢い余ってかなり過激なことを言ってしまいましたが、そういうぼくもたまにソフトテニスの試合に出ると、つい「ラッキー」などと口走ってしまいます。まだまだ人間ができておりません。。。
「ラッキー!」「ヨッシャ!」「もうけ!」「デカイ!」・・・ソフトテニス界では半ば合い言葉のようになっており、身体に染み付いているこれらのかけ声ですが、やはり客観的にみて美しくないかけ声は慎みたいものです。
同じ元気よく声を出すのなら、あくまで自分たちを鼓舞するようなものだけにしていくことはできないものでしょうか。


長くなりました。
反論・異論お願いします。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。