--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-19

中学のOB会

昨日は中学のテニス部のOB会でした。


OB会といっても、そんなにきちんとした組織になっているわけではなく、ある顧問の先生に教わった代の有志が集い、母校の校庭でテニスをして、夜は飲み会というパターンです。


以前(20年近く前?)にもこういうかたちで何度か集まったことはありましたが、その後すっかり途絶えていたところを、後輩たちの努力で昨年久しぶりに飲み会だけ開催され、懐かしい顔と再会できたのでした。
今年はテニスの部が加わったということで、喜んで参加してみたのですが、後輩たちのテニスを本当に久しぶりに目にすることができました。


今回は男子顧問だったI先生と女子顧問だったO先生にも来ていただきました。
I先生はぼくが中1・中2と地理を習った先生で、当時大学院に通う非常勤講師でした。
中3になり、ぼくたちが部活を引退する直前、おそらく大学院が修了したのでしょう、テニス部の指導を買って出られました。ヒョローンと背が高く、長髪に口ヒゲという風貌からはまったく想像できなかったのですが、実は先生は軟式テニスが目茶苦茶上手く、高校時代、神奈川県の国体選手の補欠だったということでした。
ぼくらはほとんど入れ違いで指導を受けることができませんでしたが、先生はその年の秋にまず1年生ペアを区の新人戦で優勝させたのを皮切りに、その後10数年の間、常勝街道を突っ走ることとなったのでした。
区大会でベスト8はすべてうちの中学なんてことはザラで、都大会でも常に上位に進出、ときには都で優勝したり関東大会に進出なんてこともありました。
教え子たちはかなりの数が高校以降もテニスを続けており、昨日参加した10数人の中には高校時代に国体に出た者が2人もおりました。


O先生はぼくらが中学に入った年に新卒で教師になられました。
テニスは学生時代に硬式を遊びでやった程度でしたが熱意があり、区レベルでは常に上位をキープしていたのではないでしょうか。
昨日幹事をやってくれた子は、区で優勝してペアでぴーさんの母校に推薦で進学しました。いまでもレディースでがんばっています。
O先生は教育センターへの出向などで、およそ17年間学校現場を離れていましたが、今年の春から都内の某中学校に校長として赴任されました。実はこの中学校に現在チヨコさんの娘さんが通っていることが判明、鳥肌が立つくらい驚いております。単なる偶然とは到底思えません。


この中学テニス部がいつからあるのかわかりませんが、今回のこのOB会はI先生・O先生とのつながりが始まったぼくらの代を先頭に後輩たちで構成されています。つまりOBの中ではぼくらが最長老という位置づけになっております。宴会では乾杯の音頭、中締めの挨拶などがバンバン回ってきます。


宴会終わって昨夜遅くに帰宅。今朝は娘のジュニアの大会の引率のため、けだるい身体にムチ打ち出かけました。すると会場に昨夜いっしょだった後輩がいるではありませんか。聞いたところ某ジュニアチームのお手伝いをすることになったとのこと。それはいいのですが、昨夜はいったん解散した後、なんと朝6時まで飲み続け、今朝はその飲み屋から大会会場に来たと悪びれもせず語っておりました。


どんな学校でもそうですが、年代の違いはあれど、同じ学校で同じスポーツに心血を注いだというのは、すごい連帯感を生みますね。
今回も誰かが「OB会でチームをつくって区の大会に出よう」などと言い出したものだから、一気に盛り上がり、近い将来それが実現しそうな雰囲気です。


あ~、それにしても楽しかったなあ。いつまでも大切にしたいコミュニティです。


【追記】
最近テニスをしていない者は、昔のラケットを持ってやってきました。
それがまた懐かしいラケットばかり。
いくつかカメラに収めてきましたので、次回のブログで公開したいと思います。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。