--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-28

W杯行ってきました

W杯視察を終えて昨日帰国いたしました。
日本×ブラジル戦の結果についてはご存じの通りですので、多くは申し上げません。
ジーコJAPANに対する非難や批判もあちこちにあふれかえっているので、それと同じようなことを申し上げるつもりもありません。


しかしせっかく完璧なゴールで先制したのにねー。1-4で負けるなんざ、ソフトテニスの試合かと思いましたよ。サッカーではこういうのを「まくられた」とは言わないのでしょうか。(笑)


帰りの機内で週刊誌を読んでいたら(その週刊誌は日本×ブラジル戦より前に発行されたのでクロアチア戦の結果までしか触れられていない)、オーストラリア戦の結果(●1-3)を太平洋戦争に例えたコラムを見つけたのですが、ぼくも同じようなことを考えていたのでちょっと驚きました。
まず日本の先制点が「真珠湾攻撃」。その後敵から猛攻を受け、次第に敗色が濃くなると「これに勝つには精神力しかない!」と絶叫する。これはまさに太平洋戦争そのものだというのです。


なるほど。ブラジル戦もある意味では同じような展開でしたね。
韓国は逆にリードされた後に追いつき、あるいは追い越すパターンが多かったように思います。


「先行逃げ切り」という言葉がありますが、日本はたとえ先行しても逃げ切ることができない。


しかし、リードされて追いつくことはもっとできない。


・・・精神論は好きではないけれど、なんかそういう精神的な「勝負弱さ」のようなものを感じざるをえませんでした。


サッカーについては全くの素人なので、素人なりの感想を述べると、とにかく日本は「ボールを持っている時間が長すぎる」。
パスを受けたらそのボールを自分の蹴りやすい位置にもってくるまで蹴らない。
そのスローなプレーは何度もアドレスを確認し直してから打つゴルフのよう。
そうこうしている間に相手は楽々と陣形を立て直してしまう。
ブラジルはじめ強豪国の選手は反射神経というか、脳ではなく脊髄で反応して動いている、そんな印象を持ちました。


次の南アフリカ大会は、はっきり言って日本が出場できないという可能性もかなりあるのではないかと思います。
そういうことを考えると、W杯で日本とブラジルが対戦するなんてことは、もしかすると自分が生きている間にはもう見られないのかもしれません。
今回それを見ることができたのは本当に運がよかったと思っています。


「日本男子がウィンブルドンで準優勝したことがある」というのが、なかなか信じてもらえないように、将来の孫の世代に、ぼくが2006年にドイツで日本×ブラジル戦を見たことを話しても「んなわけないじゃん!!」と一蹴されたりしてね(笑)



DSCF0284.jpg

▲BRIDGEのポロを着たオランダ人サポーターたち

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。