--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-05-27

「女性専用車」に乗っちゃった!

今週(23日)、仕事で横浜に行く用事がありまして、会社から横浜まで東海道線で行き、その後みなとみらい線(横浜-元町中華街)に乗り換えたときのことです。
昼間ということもあり、車内はガラすきだったのですが、一緒にいた新入社員が「もしかしてこれって女性専用車じゃないですか?」などと言い出したのです。


あわてて車内を見回すと窓にステッカーが貼ってあり、そこには、


「平日の特急・通勤特急・急行のとき女性専用となります」


と書いてありました。


060523_1436~0001.jpg



「女性専用車」というのが誕生してどれくらい経つのでしょうか。言うまでもなく通勤ラッシュ時の痴漢対策として導入されたわけですが、当時は賛否両論いろいろありました。男性側からは「男性全員を痴漢扱いするのか!」といった至極まっとうな抗議も寄せられておりました。


ぼくがいつも通勤で使っている電車にも「女性専用車」は導入されているのですが、朝は最後尾の車両なのでそれを目にすることはないのです。
が、帰りは逆に先頭車両になるので、ホームで電車を待っていると、女性だけがびっしりと乗っている車両が目の前を通過することになります。


はっきり言ってこれはかなり気持ち悪いものです。
当たり前のことですが、女性だけしかいない空間、例えば女子校とか女湯とか女子トイレというものに足を踏み入れたことがないので、いきなり女性だけがびっしり詰まった状態を見るとものすごい違和感を感じるわけです。


ところで、通常「女性専用車」というのは朝晩のラッシュの時間限定で設定されているものであり、昼間は解除されるのが常です。
しかしながら、ぼくが先日乗ったみなとみらい線の車内ステッカーには、時間についてまったく触れられていませんでした。ということは、平日であればどんな時間帯であってもその車両に男性は乗れないということになります。


車内を見回すとぼくらのほかにも、オッサンや若い男性が腰掛けていたりします。女性客からなじるような視線を向けられることもありません。ちょっとホッとしながらも、次の駅で車両を変わりましたが、なんだか釈然としません。男子トイレか女子トイレかわからずに入ったら女子トイレだった・・・そんな感じの罪悪感と憤りだけが残ります。
後で東急電鉄のホームページを見たところ、やはり終日「女性専用車」を設置しているらしいことが確認されたのですが、それがわかりにくくなっているという認識はまるでない様子でした。


みなとみらい線は、東横線はじめさまざまな路線に乗り入れています。
ただ普通に電車に乗るだけでも命がけだ。皆さん気をつけましょう。

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。