--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-12-15

最後の晩餐

突然ですが、自分の人生が明日で終わることがわかっているとします。
例えば死刑になるとかそういうことをイメージしてください。そのとき、


「最後に一つだけ好きなものを食べさせてやろう」


そう言われたらあなたは何を所望しますか?


・・・こういうどうでもいい質問をいろんな人に投げかけてみたことがあります。
意外だったのは、いまや国民食とさえ言われる「ラーメン」と答えた人はいなかったということです。
また「ふぐ」とか「ふかひれ」とか「フォアグラ」など、いわゆる高級食材系を挙げた人もほとんどいませんでした。


ではどういう答えが多かったかというと、「卵かけごはん」とか「納豆ごはん」とか、きわめてベーシックな日本の朝ごはんのようなメニューでした。
このほか「うどん」を挙げた人もいました。いずれも非常にあっさりしたものであることがわかります。人間は実にいろんな食べ物を口にしていますが、最後は基本中の基本に回帰するということなのでしょうか。


ちなみにぼくの答えは「おにぎり」です。
炊きたてのコシヒカリでつくった、まだあったかいおにぎりです。
形は三角形。具はやはり「鮭」がいいですね。海苔も欠かせません。
ぼくは実はかなりのラーメン好きで昼食はほとんどラーメンばっかりですが、それでもなぜか最後の一品に選ぼうとは思いません。


さて、皆さんは何にしますか?
え? 「三度のメシより好きなソフトテニスをやらせてくれ」ですって?
ま、その気持ちもわからないではありませんが・・・

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。