--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-07

私を惑わせた“理論”の数々(1)

以前もどこかで書いたと思いますが、ぼくは指導者から基本を教わったことがなかったため、雑誌や指導書を読みまくって、自分なりに研究をしていました。
その雑誌や指導書は、当時のナショナルチームを率いているような方々が書いており、中にはかなり「革新的」と思われるような理論もありました。


いま思えば、それまで言われてきた理論をそのまま語るだけでは何の面白味もない、わざと「目からウロコ」的なことを言って、アッと言わせてみたい・・・そんな魂胆があったのかもしれません。
これを読んだ冬のアナタは、あっという間に混乱のスパイラルに陥っていったのでした。


ゴルフなどでも「自己流は最低でも10年は遠回りする」などと言われます。
決して雑誌や指導書に書かれていたことが間違っていたわけではないと思うのですが、いかに立派な理論であっても、それを読み解く力や実践する力がない者が誤って理解してしまうと、どういうことになってしまうのか、ご紹介したいと思います。


【1】フィニッシュでラケットを首に巻きつける必要はない。ボールがラケットから離れた後のフォームを意識しても意味がない。


→当時の韓国の女子選手の写真が載っていたのですが、たしかにフィニッシュはインパクトの後、面が下を向いた状態で止まっているように見えました。また、ラケットを首に巻きつける必要がないもう一つの根拠として「バックハンドでは誰も首に巻きつけていない」という点を挙げていました。
たしかに打った後のフォームを意識しても意味はないかもしれませんが、いつも同じところへ振り抜こうとすることで、ボールを「点」ではなく「線」でとらえることができるようになるのではないでしょうか。
首に巻きつけるスイングの習得を怠ったことで、いまだに苦労しています。


【2】素振りは意味がない。ボールを打つ技術はボールを打つことによってしか習得できない。


→これも一見もっともに聞こえます。たしかにただダラダラと素振りをしてもほとんど何の効果もないでしょう。しかし、例えば軸足の膝の送りとか、それこそラケットを首に巻きつけるフィニッシュだとか、テーマを決めて、言い方を変えれば目的を持って行う素振りは非常に意味のあることではないでしょうか。できれば全身が映る鏡の前で行うと効果が大きいと思います。


(つづく)

スポンサーサイト
Copyright (C) 軟式庭球研究所. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。